サクラの味

 

拝啓、あなた様

 

数日間、家の中というかベッドの中で過ごしていたので

外へ出ると、まぶしいくらいに明るいです。

スタバに寄ると、店内はバレンタインモードから

サクラモードに変わっていて、一気に春が来たみたいでした。

 

スタバに限らず、いろんなお店でサクラアイテムを

目にするようになりましたね。

たとえば、100均のお店でも。

 

スーパーで夕飯の買い物をしていたら、

「桜蒸しパン」というお手ごろ価格のパンを見つけました。

桜色の蒸しパンで、中に桜のあんこが入っています。

お腹の調子が治った途端、甘いものに手が伸びます。

 

さくら、サクラ、桜。

いいですねえ。

桜は、色も形もお味も、大好きです。

 

          かしこ

 

 

 

 

 今日のお手紙はこちらです

 今日の「本棚のしおり」はこちらです

 

 

----------------------------------

  紙飛行機ドットコム

----------------------------------

 

0

    知識と時間とストレス

     

    拝啓、あなた様

     

    あー、やだやだ。

    何て使いにくいの!

    次にスマホを買い替えるときは、もう、絶対にiPhoneは買わない!

    どうも、アップルとは相性が悪いわ。

    更新のたびに、何かおかしなことが起きるってどうよ!

    などと、自分の無知を棚に上げて、叫んでしまいました。

     

    愚痴の相手は娘です。

    「そうなの?」

    同意されるわけでもなく、反対されるわけでもなく、

    さらっと流されてしまいましたが。

     

    そんな愚痴を言った翌日に、今度はWindows10に

    文句を言いたくなりました。

     

    更新をしてくれというメッセージが出たので、

    その通りにしたのに、更新ができなかったと言われ、

    さらに、勝手に元に戻すと言いだして、30分以上待たされる。

     

    パソコンの電源を入れるたびに、こうやって待たされるので、

    それじゃ困るわと思い、手動で更新をしてみると、

    何とまあ終了までに2時間もかかってしまいました。

    これって、どうなのよ。

    しかもずっと「PCの電源は切らないでください」って表示されてるし。

    ようやく終わったかと思うと「こんにちは」だって。

    なんで、急にフレンドリーになったの?と思っていたら、

    「もうしばらくかかります」って言いだす。

    何なのこれ。

     

    わたしにとって、情報化社会を生きていくためには、

    知識と時間とストレスが必要なようです。

     

                   かしこ

     

     

     

     

     今日のお手紙はこちらです

     今日の「本棚のしおり」はこちらです

     

     

    ----------------------------------

      紙飛行機ドットコム

    ----------------------------------

     

    0

      回復祝い

       

      拝啓、あなた様

       

      ここ数日、体調がすぐれず、休んでおりました。

      いわゆる、お腹にくる風邪とでも言うのでしょうか。

      お腹をこわして、ひたすら、トイレの回数が減るのを

      待っていました。

      まだ食事は、恐る恐る、試しながらではありますが、

      体調は、ほぼ回復いたしました。

      今、一番おいしいものは、白いご飯とはちみつ梅干しです。

      あと、おみそ汁もおいしいです。

      身体は、塩分を欲しているのでしょうか。

       

      ダウンした当日は、パソコンの電源を入れることもありませんでした。

      翌日は、メールのチェックのみ。

      3日目には、ようやく、ニュースに目を通すぐらいの元気が出てきました。

      そして、回復した4日目になって、いつもの調子に戻りつつも、

      単に見るだけのパワーしか湧いてきませんでした。

      5日目の今日になって、やっと、こうして、

      自分で考えて、入力することもできるようになりました。

      ほっとしています。

      わたしの元気度の目安のひとつは、パソコンとの関わり度合いかもしれません。

       

      ところで、わたしが、眠っている間に、第3話が公開されていました。

      伊坂幸太郎さん原作、いくえみ綾さん作画の

      「アイネクライネナハトムジーク」です。

      まるで、わたしの回復を祝ってくれているようなタイミングの公開で、

      うれしくなりました。

       

      2月22日まで、こちらから無料で読めるようです。

      「アイネクライネナハトムジーク」【comicブースト】

      第3話は「ドクメンタ」です。

       

      あなた様もどうぞ、体調にお気をつけてお過ごしください。

       

                        かしこ

       

       

       

       今日のお手紙はこちらです

       今日の「本棚のしおり」はこちらです

       

       

      ----------------------------------

        紙飛行機ドットコム

      ----------------------------------

       

      0

        最後の章

         

        拝啓、あなた様

         

        いよいよ、最後の章になりました。

        伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」の

        書き写しです。

         

        「アイネクライネ」

        「ライトヘビー」

        「ドクメンタ」   

        「ルックスライク」

        「メイクアップ」  

        「ナハトムジーク」

         

        この6話が収録されており、

        ようやく5話の書き写しが終わりました。

        これから、最後の「ナハトムジーク」を書き写します。 

         

        ノートは2冊目なのですが、残りのページで足りるかどうか

        微妙なところです。

        さて、ノートのラストはどうなることやら。

         

                      かしこ

         

         

         

         今日のお手紙はこちらです

         今日の「本棚のしおり」はこちらです

         

         

        ----------------------------------

          紙飛行機ドットコム

        ----------------------------------

         

        0

          大人のためのひな人形

           

          拝啓、あなた様

           

          今日は、この冬一番の冷え込みだったそうですね。

           

          そんな寒い日に、娘から「ひな人形を飾ったよ」と

          写真が送られてきました。

          春らしいおひな様と、それを見てにっこりしている孫の姿に

          季節が一気に進んだように思えました。

           

          孫の家には、孫のひな人形が、

          そして、我が家には、娘のひな人形が飾ってあります。

          じゃあ、ついでに、わたしのひな人形もあればいいのになあ。

           

          ひな人形って、身代わりとして厄を背負ってもらうものですよね。

          小さな子供は、病気やケガが多いので、健やかに育って欲しいとの

          願いを込めて、ひな人形を飾ると聞きました。

          だけど、病気やケガが多いのは、小さな子供だけではありません。

          年齢を重ねた者も同様です。

          そういう意味では、わたしのひな人形があってもいいんじゃない?

          わたしの身代わりに病気やケガをしてくれるのなら、ありがたいです。

           

          どうぞ、あなた様もお健やかにお過ごしください。

           

                      かしこ

           

           

           

           

           今日のお手紙はこちらです

           今日の「本棚のしおり」はこちらです

           

           

          ----------------------------------

            紙飛行機ドットコム

          ----------------------------------

           

          0

            修理が必要です

             

            拝啓、あなた様

             

            気のせいかな?と思っていたことが、

            どうやら、そうではなかったとわかりました。

            リビングに置いているファンヒーターが故障しました。

             

            スイッチをオンしても、ウンともスンとも言わず、

            全然動いてくれないのです。

            あれ?えっ?どうして?

            と、何度も押していると、何ごともなかったかのように

            スイッチが入る、という出来事が、この1週間のうちに数度、

            ありました。

            動き出すと、何の問題もないので、そのことを忘れてしまいます。

             

            今日、また、その現象が出たので、思い出しました。

            オットにみてもらうと、どうやらコンセント部分に問題があるようです。

            あらあら。気のせいじゃなかったのね。

            連休が明けたら、修理を依頼しなきゃ。

            まだ、しばらく冬は終わりそうにないですものねえ。

            もう少し、がんばってもらいたいです。

             

                           かしこ

             

             

             

             

             今日のお手紙はこちらです

             今日の「本棚のしおり」はこちらです

             

             

            ----------------------------------

              紙飛行機ドットコム

            ----------------------------------

             

            0

              ぎっくり背中

               

              拝啓、あなた様

               

              ぎゃっ!

              ビリっと走る痛みに見舞われました。

              あーっ、やってしまった。

              ぎっくり背中だね、これは。

               

              朝、電車を待つホームでのことでした。

              寒さで身体が固くなっていたのかもしれません。

              バッグの中からスマホを取り出そうと、

              少しバッグを持ち上げた瞬間でした。

              ピキーン、バリバリ、ビリビリビリ。

              息を吸う度に痛みが走ります。

               

              そう言えば、前回にやった時も冬だった、

              あれは何年前のことだったかしらと、

              痛みを忘れるために、別のことを考えてみるけど、

              思い出せないので、余計につらくなりました。

              後で調べてみると、(ここのブログに書いていたので)

              2015年1月24日のことでした。

              やっぱり、寒いころだったのねえ。

              寒さは大敵です。

               

              とりあえず、シップを貼ると、痛みは軽減しましたが、

              何だか、最近、身体のあちこちに不具合が起きているので、

              注意しなきゃと、気を引き締めています。

               

                          かしこ

               

               

               

               今日のお手紙はこちらです

               今日の「本棚のしおり」はこちらです

               

               

              ----------------------------------

                紙飛行機ドットコム

              ----------------------------------

               

              0

                しっとりケーキ

                 

                拝啓、あなた様

                 

                おみやげにパウンドケーキをいただきました。

                ドライフルーツが入っています。

                そのドライフルーツが、どのような味なのか

                興味を持ちながら、ひと口ほおばると。

                おいしい!

                ドライフルーツよりも、むしろケーキの生地に感激しました。

                すごくしっとりとしていて、バターのコクがあるのです。

                 

                見た目は、デコレーションケーキのような華やかさはなく、

                素朴なパウンドケーキですが、生地の違いは、はっきり出ますよね。

                 

                ああ、なんておいしいケーキなのでしょう。

                ごちそうさまでした。

                 

                             かしこ

                 

                 

                 

                 今日のお手紙はこちらです

                 今日の「本棚のしおり」はこちらです

                 

                 

                ----------------------------------

                  紙飛行機ドットコム

                ----------------------------------

                 

                0

                  直感と信用

                   

                  拝啓、あなた様

                   

                  「信用」について話題になりました。

                  初対面で、信用度をはかるのは難しいよね、という話です。

                  身長や体重のように、ハカリで計測できるものじゃないですからねえ。

                  話が盛り上がり、気持ちよく会話が進むと、

                  自分と気が合うと感じ、相手を信用する思いに至ります。

                  結局、頼りになるハカリは、自分の直感でしょうか。

                   

                  「どうもこの人は怪しい」とか「言っていることがおかしい」とか、

                  そう感じる場合は、その直感が当たっていることが多いと思います。

                   

                  でも、その逆は、外れることがありますよねえ。

                  「いい人だわ」「話が合うわ」「尊敬できるわ」

                  初対面でそう感じていても、付き合いが長くなってくると、

                  あれ?と思う場面が出てきて、そこから信用度に変化が起きる。

                  そういう、直感の外れです。

                   

                  直感が外れたなと感じた瞬間は、ちょっと悲しい気分になります。

                  その悲しい気分は、どこから来るのでしょう。

                  直感を外した自分に対する、反省から?

                  それとも、その人に対する、がっかりの気持ちから?

                  あるいは、なぜ悲しいのかわからない、もやもやから?

                   

                  自分の直感が信用できるモノになるのは難しいです。

                   

                               かしこ

                   

                   

                   

                   

                   今日のお手紙はこちらです

                   今日の「本棚のしおり」はこちらです

                   

                   

                  ----------------------------------

                    紙飛行機ドットコム

                  ----------------------------------

                   

                  0

                    「名もなき星の哀歌」を読みました

                     

                    拝啓、あなた様

                     

                    名もなき星の哀歌」を読み終えました。

                    第5回「新潮ミステリー大賞」受賞作で、

                    帯に伊坂幸太郎さんのコメントがある本です。

                     

                    かつての伊坂さんのインタビューで、「バディものが好き」

                    とおっしゃっているのを読んだことがあります。

                    この小説は、岸良平と田中健太のバディものと言えるかもしれません。

                    そういう面でも、伊坂さん好みなのかも?と想像しました。

                     

                    記憶を売り買いする店という、現実にはありえない設定の中で、

                    さまざまな謎が解明されていく話でした。

                    設定も奇妙でおもしろいのですが、加えて、

                    登場人物の名前が凝っていて、おもしろいと思いました。

                     

                    御菩薩池剛志は「みぞろけつよし」と読むのですが、

                    ふりがなをふってもらわないと読めませんでした。

                     

                    ビジネスネームの二階堂昴(にがいどうすばる)、

                    ペンネームの如月楓(きさらぎかえで)、

                    歌手の柊木琉花(ひいらぎるか)は、キラキラネームみたいです。

                     

                    シンガソングライターの星名(ほしな)の本名は

                    漢字違いの保科(ほしな)で、うまく変換されています。

                     

                    よく行くカフェは「遭多夢」と書いて「おうたむ」と読み、

                    この当て字感が楽しいです。

                     

                    そして、この小説の中に出てくる漫画の登場人物「リオ」にも

                    意味がありました。

                    さらに、保科ひとみが探している人物「ナイト」の名前にも、

                    ちゃんと意味があることが、最後にわかるのです。

                    なるほど!そういうことか!

                     

                    不思議な青春ミステリーでした。

                     

                                かしこ

                     

                       

                     

                     

                     

                     今日のお手紙はこちらです

                     今日の「本棚のしおり」はこちらです

                     

                     

                    ----------------------------------

                      紙飛行機ドットコム

                    ----------------------------------

                     

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *