本屋さんの品揃え

 

拝啓、あなた様

 

先日、病院へ見舞いに行ったとき、

「退屈なので雑誌を買ってきてほしい」と頼まれました。

確か、この近くに本屋さんがあったな、と思い出し、

そこまで行くことにしました。

 

ただ、一度だけ、その本屋さんへ行ったことがあるのですが、

それほど広い店ではないため、品ぞろえも豊富とは言い難い、

という印象を持っていたので、多少の不安がありました。

 

ところが、いざ、選び始めると。

さすがだわ!と感心しました。

病院が近いということが、すごく意識された品揃えなのです。

まず、健康関連の本や雑誌がたくさんです。

また、入院患者さん用に揃えられたかのように、

疲れない程度に読めるような雑誌が

コンパクトにまとめられているのです。

ですから、選ぶのに時間もかからず、

サササッと4冊ほど、購入することができました。

 

ありがたい、ありがたい。

 

                かしこ

 

 

----------------------------------

  紙飛行機ドットコム

----------------------------------

 

0

    映画の公開日

     

    拝啓、あなた様

     

    小説を書き写す」の経過報告です。

    字を書くことがおもしろくて、

    楽しく進んでいます。

    今、文庫本の34ページまで進みました。

    まだ、10分の1程度です。

    このペースで行けば、冬までにはできそう。

    そう思っていたところ、

    映画の公開が2019年秋に決まったようです。

     

    当初は、2018年冬だと発表されていたのに

    なんとまあ、ずいぶんと先に延びちゃったんですねえ。

    書き写しに関しては、余裕ができたけど、

    映画を観たい気持ちとしては、ちょっと残念。

    早く観たいなあ。

     

                      かしこ

                    

    映画「アイネクライネナハトムジーク」

     

         

    アイネクライネナハトムジーク (幻冬舎文庫)

     

     

     

     

    ----------------------------------

      紙飛行機ドットコム

    ----------------------------------

     

    0

      本屋さんと夕飯メニュー

       

      拝啓、あなた様

       

      その後、「本屋手帳」作りは、

      ゆるゆると楽しみながら、続いています。

      こういう手帳作りを楽しいと思う感覚を、

      理解してくれるのは、娘ぐらいなので、

      昨日、娘のところへ行った際に、

      この手帳を見せて、自慢してきました。

      うふっ。

       

      本屋さんへ行くことが好き。

      買いたい本や目的もなく本屋さんへ行き、

      店内をうろうろすることが楽しい。

      という気持ち。

       

      これって、スーパーでの買い物に似てるのでは?

      と、最近、気がついたのです。

       

      夕飯のメニューを何にするか、まだ決まらないまま

      スーパーへ行き、とりあえず、売り場をうろうろする。

      ああ、決まらない。何にしよう。今夜のメニュー・・・。

      そこで、ある食材に目が留まり、あっ、これだ!

      そこから、一気に気分が高まります。

      そう言えば、冷蔵庫にあれがあった、

      家族があれを食べたいって言ってた、

      今日は暑いから、今日は手抜きをしたいから、

      などなど、いろんな理由とリンクして、

      するするとメニューが決まるとき。

       

      ついに、見つけたぞっ!という充実感、

      達成感、安堵感、うれしい感。

      そういうのと似てるような気がするのです。

       

      欲しい本が決まっているわけでもく、本屋さんへ行き、

      何か読みたくて、何かおもしろい本はないかと

      どうしようかなーと、うろうろ、うろうろ。

      あれっ?こんな本があるんだっ!

      そうそう、そう言えば!

      前からこれって気になっていたのよ。

      こういうのを読んでみたかったのよ。

      と、わたしの中に眠っていた

      「知りたい」「読みたい」「見つけたい」の気持ちが

      目覚めてきて、どんどんリンクしていく感覚。

       

      スーパーの食品売り場で、夕飯メニューが決まる感覚と

      似てるんですよねえ。

      この感覚、誰か共有できる方っていますかねえ。

       

                   かしこ

       

       

       

      ----------------------------------

        紙飛行機ドットコム

      ----------------------------------

       

      0

        デジタル写経

         

        拝啓、あなた様

         

        「デジタル写経」という言葉を初めて知りました。

        雑誌「大人の日本語術」の中に書いてあったのです。

         

        かつての作家志望の人たちは、尊敬する文豪の文章を

        書き写すことで文体を学んでいたようです。

        それを、現代風にするならば、パソコンへの打ち込みで、

        「デジタル写経」と言うのだそうです。

         

        あっ、それならできるかも!

        文章を書き写すことで、文章を学ぶという方法は

        興味を持っていたのですが、なかなか続きそうになくて、

        未だ行動に移せていません。

        でも、パソコンでいいのであれば、ハードルが下がります。

         

        この「大人の日本語術 」によれば。

        インプットした知識を自分の中に定着させるためには、

        手や口を動かしながら、自分で発してみてこそ、

        言葉が自分のものになる、とあります。

        そこで、音読やデジタル写経を勧めているのです。

         

        小説を読んでいて、素敵な言葉に出会っても、

        「この小説は言葉に感動した」という記憶は残っても

        具体的に、どういう言葉だったのかを思い出せないでいたりします。

        書き留めておくというのは、大事なのでしょうね。

         

        デジタル写経。

        始めてみたくなりました。

         

                             かしこ

         

         

           

         

        ----------------------------------

          紙飛行機ドットコム

        ----------------------------------

         

         

         

         

        大人の日本語術 

        0

          10万円分の本

           

          拝啓、あなた様

           

          「本好きの夢かなえます」

          そう言われると、うれしくなります。

          一体、本好きのどんな夢をかなえてくださるのでしょう。

           

          小学館さんのプレゼント企画です。

          何と、10万円分の本を買いたい放題の権利だそうですよ。

          詳しくはこちら

           

          当選者が、希望の本屋さんを指定して、

          その本屋さんにある本であれば、どんな本でもOKで、

          10万円分の本をレジに持っていくと、支払いは

          小学館さんがしてくれるというのです。

          その権利に当選するのは1名ですから、

          当選は厳しいですが、応募しないことには、

          当選もしませんからね。

          まずは、応募しなくては!

           

          なんせ10万円ですよ。すごいですねえ。

          仮に2,000円の単行本であれば、50冊。

          1,000円の文庫本であれば、100冊。

          もし当選したら、何を買いましょうか。

          やっぱり、伊坂さんの本が欲しいですねえ。

          何度も読んで、くたびれてきている本もあるので、

          ピシっとした新品の本を揃えたいです。

           

          あなた様なら、10万円分の本は、どんな本を選びますか。

           

                          かしこ

           

           

           

          ----------------------------------

            紙飛行機ドットコム

          ----------------------------------

           

          0

            図書館へ行きました

             

            拝啓、あなた様

             

            今日は、図書館へ行ってきました。

            読書感想文コンクールつながりです。

            読書感想文って、どんなことを書けばいいの?

            ブログに本の感想を書くのとは、違うと思うんですよね。

             

            まずは、今までの優秀作品を読んでみたいと思ったのです。

            でも、ネット上には公開されている様子はないし・・・。

            優秀作品は「読むことの歓び」というタイトルの作品集に

            収められているようですが、その作品集はどこにあるのでしょう?

             

            明治大学さんに問合せをさせてもらいました。

            その回答によると、本屋さんでは販売されていないけど

            図書館に行けばあるかもしれないとのことでした。

            それで、大阪市内の図書館で蔵書検索してみたら

            中央図書館にあることがわかり、行ってきたのです。

             

            ありました、ありました。

            早速、読ませていただきました。

             

            おおっ!さすが。

            わたしのブログとは、全然違うわー。

            そっかー、読書感想文ってこうなのねー。

            はあぁぁぁぁっ、難しい。

             

            審査してくださるのは、大学の先生ですものねえ。

            そりゃ、厳しい目でご覧になりますよね。

            優秀作品に選ばれた読書感想文は、レベルが高いです。

             

            だけど、なかなか読書感想文を書いてみたい!と思う

            課題図書に出会うことってないですものね。

            せっかくの機会ですから、がんばってみようと思います。

            ただ、ファンとしての気持ちが強すぎて、

            好きなシーンや、好きな言葉や、好きな登場人物など、

            好きなものが多すぎて、何を書いていいのか悩みます。

            さて、どうしましょう。

             

                             かしこ

             

             

             

            ----------------------------------

              紙飛行機ドットコム

            ----------------------------------

             

            0

              窓のある本屋さん

               

              拝啓、あなた様

               

              ネットのニュースで、山口県周南市にある、徳山駅前図書館が

              駅直結のガラス張り図書館」とあるのを見ました。

               

              ガラス張り?

              どんな建物なのでしょう。

              気になって、その図書館のサイトへ行ってみました。

              周南市立徳山駅前図書館

              まあ、何とサイトもおしゃれですねえ。

              ガラス張りの建物というのも、写真でよくわかりました。

              きっと、外からの光が差し込む、明るい図書館なのでしょうね。

               

              わたしは、窓のある本屋さんが好きです。

              窓のある本屋さんに行くと、どういうわけか、本を買いたくなります。

              理由は、うまく説明できませんが、

              たぶん、外の風景が見えたり、光を感じたりできることで

              心落ち着くのだと思います。

               

              大阪市内の本屋さんで言うと、こちらのお店には窓があります。

              グランフロント大阪の紀伊國屋書店さん

              淀屋橋オドナの文教堂さん

              心斎橋のアセンスさん

               

              また、本屋さんを目指して街へ出たくなりました。

               

                          かしこ

               

               

               

              ----------------------------------

                紙飛行機ドットコム

              ----------------------------------

               

               

              0

                絵本美術館

                 

                拝啓、あなた様

                 

                雑誌「MOE (モエ) 2018年7月号 」を読みました。

                特集は「絵本とステキな暮らし」です。

                その中に「絵本の旅」ということで

                安曇野・松本の街が紹介されていました。

                 

                ずっと以前に「絵本美術館のある旅 」という本を

                読んだことがあるのですが、その時も

                長野県に行ってみたいと思いました。

                長野県には、絵本美術館がたくさんあるのです。

                多くは、緑あふれる自然の中にあり、

                展示されている作品だけではなく、

                建物や、その周りの風景にも

                心打たれるものがありそうです。

                 

                「MOE」の今号で紹介されていた美術館は、

                安曇野ちひろ美術館」や「絵本美術館 森のおうち」でした。

                また、美術館の他に本屋さんやカフェ、お菓子屋さんなど

                旅を盛り上げてくれる場所が紹介されていました。

                 

                長野県には、この他にも、絵本の世界に浸れる美術館があるようです。

                小さな絵本美術館

                斑尾高原絵本美術館

                軽井沢絵本の森美術館(ムーゼの森)

                イルフ童画館

                 

                現実の旅に出ることができないでいるわたしは、

                本や雑誌、ネットの中で旅を楽しんでいます。

                 

                              かしこ

                 

                 

                ----------------------------------

                  紙飛行機ドットコム

                ----------------------------------

                 

                   

                 

                 

                 

                0

                  雨の日は「死神の精度」

                   

                  拝啓、あなた様

                   

                  雨の季節が近づいています。

                  来週あたりに、関西も梅雨入りしそうです。

                   

                  じゃーん、こちらは南海電鉄さんのfacebookです。

                  わかりますか?

                  伊坂幸太郎さんの「死神の精度」があるんです!

                   

                  南海電鉄さんの情報誌NATTSの6月号です。

                  特集のひとつに「おでかけ好きは雨の日も好き」というのがあります。

                  その中に、ブックカフェの 昭和堂Qさん が紹介されています。

                  そのブックカフェさんが、雨の日にオススメの本として、

                  「死神の精度」を紹介してくださっているのです。

                   

                  ええ、ええ。確かに雨の日にオススメの本です。

                  だって、主人公の千葉は、雨男なんですもの。

                  そのおかげで、この本ではいろんな雨と出会えますからね。

                   

                  ネットでの南海電鉄さんのNATTSも見ました。

                  そこには 昭和堂Qさんのことが詳しく載っていました

                  すると、何と何と「死神の精度」以外にも伊坂さんの本を発見!

                  単行本の「AX」も!

                  アンソロジーの「I LOVE YOU」や「Re-born はじまりの一歩」も!

                  きゃあ、うれしい!

                  まるで本屋さんのようなブックカフェさんですねえ。

                   

                  明日は雨が上がるようですが、気分は雨女です。

                  「死神の精度」を読もうっと!

                   

                                      かしこ

                   

                   

                       

                   

                       

                   

                   

                   

                  ----------------------------------

                    紙飛行機ドットコム

                  ----------------------------------

                   

                  0

                    絵本屋さんの本を読みました

                     

                    拝啓、あなた様

                     

                    以前に雑誌か何かで、絵本専門店のニジノ絵本屋の存在を知りました。

                    場所が東京ということで、今すぐ簡単に行けるところではないため、

                    いつか行く機会があればいいなと、店名を記憶に残しておきました。

                    つい数日前に、その店名を、何と本屋さんで見かけたのです。

                     

                       

                     

                    ニジノ絵本屋さんの本」というタイトルの本です。

                    えっ? あの絵本屋さん?

                    気になりますねえ。

                     

                    手にとってページをめくってみると、

                    いきなり最初に、かわいい色合いのかわいいイラストです。

                    きゃー、絵本の世界だぁ!

                    どんどん先のページをめくりたくなります。

                     

                    どうやら、ニジノ絵本屋さんのオープンから今までのことが

                    書かれている本のようでした。

                    わーっ、おもしろそう!お店をことを知りたい!

                    購入して読みました。

                     

                    このお店を始めるきっかけやら、場所やら、出会いやら

                    何から何まで、ユニークなことが書かれた本でした。

                     

                    また、わたしの大きな勘違いも発覚しました。

                    絵本屋さんなので、単純に絵本を売っているお店だと

                    思っていたのですが、実は、それだけではありませんでした。

                    絵本を出版したり、イベントをしたりと、多くの活動をされています。

                    絵本パフォマーと言うのだそうです。

                    おもしろいですねえ。

                     

                    ニジノ絵本屋さんは、大人でも本気で楽しめるイベントをしたいと

                    おっしゃっています。

                    これからどんな企画が出てくるのか楽しみです。

                     

                    楽しいお店のお話をありがとうございました。

                     

                               かしこ

                     

                     

                     

                    ----------------------------------

                      紙飛行機ドットコム

                    ----------------------------------

                     

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 100円ショップのアルバム
                        季ララ
                      • 100円ショップのアルバム
                        奥村です
                      • 100円ショップのアルバム
                        季ララ
                      • 100円ショップのアルバム
                        奥村です
                      • カレンダーが覚えられない
                        季ララ
                      • カレンダーが覚えられない
                        ゆひ
                      • 「あ」の話
                        季ララ
                      • 「あ」の話
                        ゆひ
                      • 「あ」の写真を撮りました
                        季ララ
                      • 「あ」の写真を撮りました
                        ゆひ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *