数字のマジック

 

拝啓、あなた様

 

「ホームページのアクセス数が、この日は40もありました」

と言うのを聞いて、普段はどれくらいなのかを尋ねました。

すると、普段はほとんどアクセスがなく、

「いつもは、アクセス数は2ぐらいです」とおっしゃるのです。

「えっ!じゃあ、20倍ものアクセス数があったんですね!」

「あはははは。それじゃあ、誇大広告と同じですよ」と笑われました。

 

でも、普段アクセスが2のところ、40もあったのなら、20倍ですよね?

 

確かに、数字に間違いはないけれど、

「アクセス数が38伸びた」というのも、数字的には間違いがないでしょ。

20倍なんて言うと、もうすごいアクセスが増えたように聞こえるけど

基の数字が小さいのだから、その言い方は、誤解を与える。

誇大広告の手法というか、数字のマジックですよ。

 

ああ、なるほど。

確かに、どちらの言い方も間違いではないけれど、

聞こえの印象には差がありますよね。

 

その後、その方は、なぜアクセス数が、その日だけ伸びたのかを分析され、

たぶんこうなんだろうという話を聞かせてくれました。

そりゃ、ある日突然、その日だけ20倍も増えたのなら、

「なぜ?」「どうして?」「何があった?」と考えたくなりますよね。

ふむふむ。そういう理由ですか。

ホームページのアクセス数で、いろいろなことが見えてくるものなのですね。

 

今日も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

ご訪問に感謝しています。

 

                     かしこ           

 

 

----------------------------------

 紙飛行機ドットコム

----------------------------------

0

    冬支度

     

    拝啓、あなた様

     

    阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの合作による小説

    「キャプテンサンダーボルト」の文庫本を読みました。

    この小説の中には、

    「村上病」という感染症のウイルスと、その「予防接種」の話が出てきます。

     

    ウイルスとか、予防接種という言葉が出てくるたびに、

    現実のインフルエンザの予防接種が、気になります。

     

    駅前の内科医院に「インフルエンザ予防接種の予約を受付けます」という

    貼紙がしてあるので、電話で問い合わせしてみました。

    すると、確かに予約を受付けてくださっているのですが、

    今、予約をしても、接種はずいぶんと先のことになりそうでした。

    「少し考えます」と言って、一旦、電話を切りました。

     

    うーん、どうしよう。

    以前に、勤務先の近くにある耳鼻咽喉科医院で、

    インフルエンザ予防接種をしたことを思い出し、

    今度は、そちらに問い合わせをしてみました。

    そちらの医院では、予約は受付けておらず、直接来てくださいとのことでした。

    「今日の夕方、うかがってもいいですか?」

    「はい、どうぞ」

    ということだったので、仕事帰りに寄ってきました。

    無事に、接種終了です。

     

    これで、冬支度のひと仕事を終えました。

     

                   かしこ

     

     

     

    ----------------------------------

     紙飛行機ドットコム

    ----------------------------------

    0

      インフルエンザが流行しませんように

       

      拝啓、あなた様

       

      インフルエンザの予防接種を受けたくて、

      きのう、近所の内科医院に予約をとりに行きました。

      毎年、ここの医院で予防接種を受けています。

      おかげ様で、病気などで、ここの先生にお世話になることもなく、

      年に一度のお付き合いです。

       

      「インフルエンザ予防接種の予約を受付けています」

       

      たいてい、この時期になると、このような貼紙を見かけるのですが

      きのうは、見当たりませんでした。

      あれ、まだ受付けていないのかな?と、多少の不安をかかえながら

      受付係の方におたずねました。

      すると、12月から受付だということだったので

      あら、今年は遅いのねと思っていたら、

      そう単純なことではありませんでした。

       

      その内科医院に、日頃から通っていらっしゃる患者さんが優先なのだそうです。

      優先された患者さんたちの接種が終わって、もし、ワクチンが余ったら、

      それ以外の人の予約を受け付けるということです。

       

      そっかー。

      確か、ニュースでも言っていましたよね。

      今年はワクチンが不足しているって。

       

      その後、ご近所さん情報を聞きました。

      わたしが行った内科医院だけでなく、

      この辺のあちこちの医院で、予約ができないと言われたということです。

       

      さて、どうしましょうかねえ。

      とりあえず、インフルエンザが流行しないことを祈りましょう。

       

                   かしこ

       

       

      ----------------------------------

       紙飛行機ドットコム

      ----------------------------------

      0

        届けたい声

         

        拝啓、あなた様

         

        オットが、会社から配布された年末調整用の用紙を、

        持って帰ってきて、記入しています。

        毎年、この時期の光景です。

        ただ、来年(平成30年)の扶養控除申告書には、

        今までとは少し違いがあります。

        知っている範囲で、オットに説明をしました。

         

        世の中、進化していき、便利になって、暮らしやすくなるのでしょうが、

        逆に、複雑になって、わかりにくくなって、面倒になることもあります。

         

        もっと、こういうふうになったらいいのに、

        ああいうふうになったらいいのに、

        そう思うことは、たくさんあるけれど、

        わたしの小さな声が、大きなお役所へ届くとも思えません。

         

        今日、近所のスーパーに行ったら、

        売場の並びに多少の変更がされていました。

        ちょっとしたことなんだけど、買い物がしやすくなっていました。

        ありがたいことです。

         

        レジで支払いをするとき。

        「売場の模様替えをされたのですね。わかりやすくなりました。」

        そう、レジ係の方にお礼を言いました。

        この小さな声は、模様替えをしてくれた方に届くかしら。

         

                     かしこ

         

         

        ----------------------------------

         紙飛行機ドットコム

        ----------------------------------

        0

          几帳面な性格

           

          拝啓、あなた様

           

          血液型による性格判断は、科学的根拠がないと言われながらも

          雑談の中では、話題にのぼることがよくあります。

           

          「季ララさんってA型ですか?」

           

          人は、どういう瞬間にそう思うのでしょう。

          A型というのは、几帳面な性格と言われていますので、

          たぶん「あっ、この人って几帳面な人だわ」と感じた瞬間に

          「きっと血液型はA型に違いない」と思うのでしょうけど。

          何をもって几帳面と判断するのか、そこが不思議なんですよねえ。

           

          几帳面な性格と言っても、こだわる部分はそれぞれ違っていて。

          ここは丁寧にするけど、別の場面では大雑把、なんてことはよくあります。

          だから、周囲の人からは几帳面と言われている人でも、

          案外、本人は「自分は大雑把な性格」と思っていることって

          あると思うんですよね。

          性格って、一言で言い表すのは難しいです。

           

                     かしこ

           

           

          ----------------------------------

           紙飛行機ドットコム

          ----------------------------------

           

          0

            ピアノの音

             

            拝啓、あなた様

             

            2年前、娘が結婚式を挙げたとき、自分が挙げた結婚式から

            大きく変化していることに、びっくりしました。

            同じように、お葬式というものも、変化しているこの頃です。

             

            先日、お葬式に参列してきました。

            最後、故人を見送るときに、ピアノの音が流れました。

            好きだったドラマの主題歌ということで、その曲が選ばれたようです。

            わたしも知っている曲ですが、本来は、勇ましく元気の出る曲です。

            それが、アレンジされて、お見送りにしっくりくる曲となっていました。

            涙を誘うピアノの音に、音楽の力を感じました。

             

            わたしも、音楽で見送ってもらえるとしたら、どんな曲がいいかしら。

            自分にぴったりの曲を見つけたら、娘に伝えておこうと思いました。

             

                          かしこ

             

             

             

            ----------------------------------

             紙飛行機ドットコム

            ----------------------------------

             

            0

              晴れの日

               

              拝啓、あなた様

               

              3連休です。

              台風の週末が続いたので、

              お出かけ日和の連休は、一層うれしいですね。

               

              わたしも、ちょこちょこと出かける予定が入っています。

              今日は、オットの実家へ行ってきます。

               

              あなた様も、晴れの日をお楽しみください。

               

                        かしこ

               

               

              ----------------------------------

               紙飛行機ドットコム

              ----------------------------------

              0

                表現できること

                 

                拝啓、あなた様

                 

                カメラが話題にのぼりました。

                どんなときに使う? どういう使い方をする?

                みんなそれぞれです。

                 

                記録を残したいというよりは、表現をしたいって感じなんだけど。

                かと言って、ものすごく専門的なカメラは使いこなせない。

                そんなわたしにぴったりなカメラは、何でしょう。

                最近のスマホは、カメラの性能もいいらしい、

                そう聞いたので、デジカメと比べて遜色ない?と質問をしました。

                すると、そりゃ一眼レフカメラと比べたら、スマホが負けるけど

                コンデジだったら、同程度じゃないかなとの回答でした。

                 

                じゃあ、じゃあ、高級コンデジと比べたらどう?

                と、さらに質問を重ねました。

                 

                「高級コンデジ? コンデジなのに高級なの? そんなのあるの?」

                逆に質問されました。

                 

                「一眼レフカメラのようにレンズを変えることはできないけど

                  普通のコンデジよりは表現力がある写真が撮れるカメラです。」

                「じゃあ、値段も高い? 5万円ぐらいするの?」

                「うん、それくらいするかなあ。いや、もう少し高いかもしれない。」

                 

                話はカメラの値段へと移っていきました。

                ネットで調べることにしました。

                わたしが使っているカメラの後継機を見てみると、

                すごく高価なのでびっくりしました。

                いやいやいや、わたしが買ったときは、こんなに高くはなかったわ。

                今度は、一体、いくらで購入したのかということが気になってきました。

                 

                どうでもいいことなのに、気になって答えを探してみたくなること。

                そういうことってありませんか?

                いつ買ったのかさえ、記憶があいまいな、何年も前に買ったカメラ。

                そのカメラの値段を、今さら知ったところで、どうにもならないのにね。

                でも調べたくなったのです。

                帰宅してから、過去の家計簿をめくってみました。

                 

                ・・・・・ありました。平成25年10月末のことでした。

                その値段を見て、気がつきました。

                これって、消費税が5%の値段よね。

                まさか、デジカメの撮り方の話が、消費税や家計簿の話になるとはねえ。

                消費税やカメラの値段を懐かしんでいると、

                家計簿って日記みたいだわと思いました。

                 

                家計簿には、デジカメでは表現できないことが表れているようです。

                 

                 

                               かしこ

                 

                 

                 

                ----------------------------------

                 紙飛行機ドットコム

                ----------------------------------

                0

                  身分証明書

                   

                  拝啓、あなた様

                   

                  仕事帰りに、時々、夕飯の買い物に寄るスーパーがあります。

                  このスーパーのポイントカードを持っているのですが、

                  どうやら、新しい機能がついたカードに変わるそうなのです。

                  1年後には、完全に今のカードは使えなくなるとかで、

                  期限が近くなると、混雑するので、今のうちに切り替えを!と

                  ポスターや、店内放送で呼びかけていらっしゃいました。

                   

                  わたしは、頻繁に、この店で買い物をするわけでもないし、

                  まだ、1年は今のカードも使えるのだからと、

                  切り替えもせず、今のカードを使っていました。

                  ところが、最近では、レジでポイントカードを使うたびに

                  「お早目に切り替えを」と言われるようになったのです。

                   

                  それじゃあ、そろそろ、わたしも切り替えましょ。

                  切り替え手続きは、すぐに終わるということですし、

                  レジで精算を終えた後、サービスカウンターへ行きました。

                  「切り替えをしたい」と申し出ると

                  身分証明書を持っているかと聞かれました。

                  「はい、あります」と、マイナンバーカードを出しました。

                   

                  だって、車の免許を持っていないわたしは、

                  以前は、身分証明と言えば、住基カードだったけど、

                  今じゃ、それがマイナンバーカードに代わったんですもの。

                  それなのにですよ。

                  お店の方に拒否されちゃいましたよ。

                  「情報がたくさんありすぎるので、見てはいけないことになっている」

                  という理由でした。

                  じゃあ、一体、どういう身分証明書ならよかったのでしょうね。

                  車の免許証か、健康保険証なのでしょうか。

                   

                  まあ、ポイントカードの移行ですからね。

                  さほど、難しい審査が必要というわけでもないので、

                  口頭での確認で大丈夫ということでした。

                  氏名・住所・生年月日を答えて、以前に登録されたものと一緒であればOK。

                  切り替えは、無事にできましたけど、

                  マイナンバーって何のための身分証明書なんでしょって思いました。

                  情報がありすぎる身分証明書は使えないだなんてねえ。

                  それじゃあ、マイナンバーカードを作るときに

                  簡易マイナンバーカードもサブカードとして発行してほしいわ。

                   

                   

                                  かしこ

                   

                   

                  ----------------------------------

                   紙飛行機ドットコム

                  ----------------------------------

                  0

                    日記の更新が止まる理由

                     

                    拝啓、あなた様

                     

                    あれ、気がつけば、ここの日記を1週間近く書いていませんでした。

                    その間に、選挙があって、結果が出て、と世の中は動いていました。

                    台風が来て、富士山の初冠雪があって、と気候も季節も動いていました。

                    でも、ここの日記だけは、動いていなかった、ということですね。

                    特に忙しくしていたわけでもなく、何をしていたんだか・・・。

                     

                    きのうは、「歳をとる」ということを考えるできごとがありました。

                    例えば、わたしの父をみていて、歳をとったなぁと感じるのは

                    年齢的に「老人」と呼ばれる歳なので、当然と言えば当然で。

                    それはそれで、思いやることが大切だと思うのですが。

                     

                    今回の「歳をとる」の話は、そういう高年齢の人の話ではなく。

                    まあ、早い話がわたし世代のことですね。

                    どういったときに「歳をとった」と感じるか、の話です。

                    肉体的な衰えのことではなく、思考的な問題です。

                    ネットで調べてみると「あるある!」が多くて、笑ってしまうほどでした。

                     

                    「面倒だと思う」「億劫になる」

                    この気持ちが、歳をとると多くなるらしいです。

                    じゃあ、一体、人生のどの時点でそう思うことが増えるのか。

                    うーん、人それぞれでしょうけど、わたしの場合は

                    子供が頼りになる年齢になった時点じゃないかなぁと思うのです。

                    子育てをしているころは、自分が子供に教えなきゃと思うから

                    いろいろと知ろうとするし、覚えようとするし、行動も起こす。

                    でも、その子供が大人になって、逆に子供から教えてもらうことが増えると

                    ふと、もうゆっくりしてもいいか、と思えてくる。

                    そんなところじゃないですかねえ。

                     

                    そして、ゆっくりしてもいいかの気持ちが続くと

                    ここの日記も更新が止まるということです。

                     

                                   かしこ

                     

                     

                     

                    ----------------------------------

                     紙飛行機ドットコム

                    ----------------------------------

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *