ただいま

 

拝啓、あなた様

 

ただいま!

昨夜、2泊3日の東京の旅から帰ってきました。

パソコンに触れることのない日々でした。

スマホも、連絡用ツールとして使うぐらいでしたし。

自分のサイトも確認することなく、ネットから離れた数日間でした。

 

おかげさまで、リアルの世界での出会いがたくさんありました。

自分の記録としても、書き記しておきたいことがいっぱいです。

このブログも、しばらくの間、東京日記が続くかもしれません。

お付き合いいただけるとうれしいです。

 

今回の旅のメインイベントは、画廊宮坂さんでの藤本理恵子さんの展覧会を観ることです。

どんな絵が並んでいるかしらと、わくわく。

最近の理恵子さんは、動物を描くことが多いようですが、今回の展覧会はどうかしら?

おやおや、理恵子さんの飼ってる猫ちゃんがいるじゃないですか。

鶴の絵は、心が穏やかになります。

ヒツジもフクロウもインコもいますねー。

 

明るいバラの絵に見とれていると、「ここにインコがいるのよ」と教えてくれます。

えっ?あら、ほんと。

バラかと思って見ていたら、バラのようなインコが!

隠れインコ?

いえいえ、気がつかないのは、わたしだけだったようです。

ごめんさいね、と言えば、「いいのよ、いいのよ、絵の見方は自由だから」と。

おもしろいですねえ。

 

額のかわいいものがあったり、絵の形が、横長や縦長もあったりして、多方面で楽しませていただきました。

藤本理恵子さんの展覧会は、2019年4月20日までやっています。

どうぞ、あなた様も、銀座の画廊宮坂さんまで、お出かけください。

きっとあなた様の心に響く何かが見つかると思います。

素敵な出会いがありますように。

 

画廊宮坂 様へのアクセスはこちらです。

 

          かしこ  

 

 

 

今日の「本棚のしおり」はこちらです

 

 

----------------------------------

  紙飛行機ドットコム

----------------------------------

 

0

    行ってきます

     

    拝啓、あなた様

     

    さあ、東京まで行ってきまーす!

    流山市の森の美術館さんへ行ったり、銀座の画廊宮坂さんへ行ったり、絵を堪能してきます。

     

    今年初めの頃のことです。

    東京近郊に住んでいる友達に、藤本理恵子さんの展覧会の案内をしました。

    4月に銀座の画廊で展覧会があります、と。

    わたしは、関東地方の地理を全く知らないので、その友達が銀座まで行くのが、近いのか遠いのかもわからず案内しました。

    すると、びっくりのお返事。

    なんと、お勤め先が銀座に近いと言うじゃないですか。

    じゃあ、仕事の帰りにでも、寄ってみてくださいね、という話をしていました。

     

    そして、展覧会が近くなり、案内状も送ると、これまた話が進展です。

    お昼休みに抜けることができそうだという連絡があったのです。

    ランチを一緒にして、そのあと、一緒に展覧会に行きましょうよ、という展開になりました。

    何年ぶり?何十年ぶり?に会うことになるでしょう。

     

    絵と人。

    出会いの旅になりそうです。

    行ってきまーす!

     

                かしこ

     

     

     

     

    今日のお手紙はこちらです

    今日の「本棚のしおり」はこちらです

     

     

    ----------------------------------

      紙飛行機ドットコム

    ----------------------------------

     

    0

      らいおんサンと選挙

       

      拝啓、あなた様

       

      おおっ!

      八尾市ってセンスいいなー。

       

      今年の春は、あちこちで選挙があるようですが、どの町でも投票率を上げたいことでしょう。

      そんな投票率アップに効果がありそうなポスター発見です。

       

      広報やお(八尾市役所)facebook 

      こちらから見ることができます。↑

       

      八尾市在住の童画家 徳 治昭さんのらいおんサンです。

      徳 治昭さんのfacebookはこちらです

       

      絵は、人の心に響くものがあると思います。

      このポスターを見て、心打つものがあると感じた方は、きっと選挙に行くと思います。

      ところで、わが町の選挙広報のポスターはどうだったかしら?

      うーん。

      思い出せないのが悲しい。

       

                     かしこ

       

       

      今日のお手紙はこちらです

      今日の「本棚のしおり」はこちらです

       

       

      ----------------------------------

        紙飛行機ドットコム

      ----------------------------------

       

      0

        新しいお札とキャッシュレス化

         

        拝啓、あなた様

         

        お札の顔が新しくなるそうですね。

        子供の頃、ずっと昭和が続くと思っていたと、「令和」が発表されたときに、このブログに書きました。

        同じように、子供の頃、お札のデザインもずっと同じものが続くと思っていました。

        そのせいか、子供の頃に覚えた、お札の顔が忘れられずにいます。

        どうしても、1万円札は聖徳太子のイメージが強くてね。

         

        先日、商業施設内にあるお店で買い物をしました。

        「〇〇ペイ」が使えるとの表示があります。

        聞くところによると、そのお店自体が〇〇ペイを導入したのではないそうです。

        商業施設全体が導入したそうで、館内のお店はどこでも〇〇ペイが使えるとのことです。

         

        「そんなに〇〇ペイを使う方って多いのですか?」と尋ねました。

        すると、「海外から来られたお客様に多いです」とのことでした。

        〇〇ペイ導入は、海外のお客様対応というのが大きな理由だとも。

        なるほどー。

         

        日本は、偽造が難しいお札なので、現金が信頼されていますものね。

        新しいお札の顔は、聖徳太子を超えるほどに、わたしの中でイメージが強くなれるか?

        それとも、キャッシュレス化が進んで、お札を使う頻度が減り、顔を覚えられないか?

        さて、どうなるでしょう。

         

                   かしこ

         

         

         

        今日のお手紙はこちらです

        今日の「本棚のしおり」はこちらです

         

         

        ----------------------------------

          紙飛行機ドットコム

        ----------------------------------

         

        0

          新幹線と飛行機

           

          拝啓、あなた様

           

          義妹から連絡がきました。

          わたしが4月15日に、銀座の画廊宮坂さんでの藤本理恵子さんの展覧会に行くことを話すと、自分たちもその日に合わせて出かけたいと言っていたのですが、その手配ができましたという連絡です。

          わたしの弟夫婦も、2泊3日で関東旅行を楽しむ予定のようです。

           

          聞けば、ふたりは飛行機で東京まで往復するのだとか。

          そっか、新幹線じゃないのね。

          飛行機が苦手なわたしには、意外に映ったけど、一般的には、それが普通なのかもしれません。

           

          先日、旅行好きの方から話を聞く機会がありました。

          海外にもよく行くとのことで、空港に慣れているせいか、国内旅行でも飛行機を使うのだと話していました。

          「新幹線の乗り方がわからない」とまで言うのでびっくりです。

          新幹線って、普通の電車と同じでしょ?と不思議がるわたしに「あー、言い方が悪かったです」と謝られました。

          新幹線そのものに乗る方法はわかるけど、チケットの取り方がわからないということでした。

          さらに、新大阪駅とか東京駅に馴染みがないので、降りた後、どうやって目的地に行けばよいのかわからないと。

           

          ああ、確かに「慣れ」ってありますよね。

          わたしも、電車に乗るとき、多少遠回りでも、慣れている路線を使いたいと思いますもの。

          電車にも、飛行機にも慣れると、もっとたくさんの場所に旅できそうです。

          旅を楽しむコツは、旅慣れることかもしれません。

           

                   かしこ

           

           

          今日のお手紙はこちらです

          今日の「本棚のしおり」はこちらです

           

           

          ----------------------------------

            紙飛行機ドットコム

          ----------------------------------

           

          0

            令和生まれ

             

            拝啓、あなた様

             

            美容院に行きました。

            カットをしてもらっている間、美容師さんと他愛のない雑談をします。

            そんなとき、伊坂幸太郎さんの「アイネクライネナハトムジーク」の「ライトヘビー」を思い出します。

            この物語に出てくる、美奈子と板橋香澄は、美容師と客という関係なのです。

            ふたりは仲が良く、香澄が美奈子を自宅に招く場面も出てきます。

             

            わたしと担当の美容師さんは、さすがにそこまで親しいわけではないのですが、雑談中に自分自身のことや家族の話など、プライベートな話題も出てきます。

            今回は、わたしがオットと一緒に東京へ出かける話をしました。

            「日本画を描いている藤本理恵子さんの展覧会を観に、銀座の画廊宮坂さん行ってきまーす!」

            楽しそうに話すわたしに、にこやかに相づちを打ってくださいます。

             

            その美容師さんが、最後にちょっとはにかみながら報告をしてくれました。

            「夏になると産休に入るので、しばらく会えない時期があります」

             

            産休?

            ということは、おめでたですよね。

            わーい!

            よかったねえ。おめでとう!

            令和生まれの赤ちゃんが誕生するんですね。

            こちらまで心弾むうれしい話を聞かせてくれてありがとう。

            うれしい春です。

             

                       かしこ

             

             

             

             

            今日のお手紙はこちらです

            今日の「本棚のしおり」はこちらです

             

             

            ----------------------------------

              紙飛行機ドットコム

            ----------------------------------

             

            0

              願望を持ち続ける

               

              拝啓、あなた様

               

              朝日新聞夕刊に載っている、柴崎友香さんのエッセー「季節の地図」を読みました。

              タイトルは「学校に行きたい季節」です。

               

              そうそう、そうなんですよー、この季節。

              と、思わずうなずき、タイトルを見た瞬間から読みたくなりました。

              読み進めていくと、さらに、うなずく回数が増えます。

               

              年齢を理由にするとか、もうできないと思ってしまうと、前に進めなくなるので、願望だけは持ち続けることにした、とありました。

               

              「学校に通いたい」「勉強をしたい」

              願望を持つことは、あきらめることに比べると、前に進んでいることになるのですね。

              その言葉に、救われる思いがして、ちょっぴり、自信もわいてきました。

              何か、わたしにもできることがあるかも?と思えてきました。

              だって、わたしも願望だけは持ち続けているんですもの。

               

              新学期。

              フレッシュな人にパワーを分けてもらって、気分新たに、何かに挑戦したくなる季節ですね。

              おもしろいことを探してみたいです。

               

                        かしこ

               

               

              今日のお手紙はこちらです

              今日の「本棚のしおり」はこちらです

               

               

              ----------------------------------

                紙飛行機ドットコム

              ----------------------------------

               

              0

                新しい元号

                 

                拝啓、あなた様

                 

                新しい元号が発表されましたね。

                 

                わたしが子供のころ。

                「昭和」という時代が、ずっと続くものだと思っていました。

                まさか、昭和、平成、令和と、3つの時代を生きていくことになるとは、想像もしていませんでした。

                 

                また、子供のころ、わたしの周りにいる多くの人は昭和生まれでした。

                そんな中、祖父母が、大正生まれだと知って、ものすごく長生きしているんだと感じたことを覚えています。

                友達に、「おじいちゃんは大正生まれだ」と自慢げに話したこともあります。

                きっと、尊敬の気持ちがあったのでしょうね。

                ところが、今度は、自分自身が、前の時代の人間になるとはねえ。

                そんなに長生きしている感覚は無いのですが。

                令和の時代に生まれる人は、昭和生まれの人間を、どのように感じるでしょうね。

                 

                元号というものは、西暦とは違う感覚があるのだと思います。

                みんなが和やかに暮らせる時代が、長く続きますように。

                 

                           かしこ

                 

                 

                 

                今日のお手紙はこちらです

                今日の「本棚のしおり」はこちらです

                 

                 

                ----------------------------------

                  紙飛行機ドットコム

                ----------------------------------

                 

                0

                  新しいノート

                   

                  拝啓、あなた様

                   

                  学校で使う教科書に「デジタル教科書」というものができたのだとか。

                  すごいですねえ。

                  そのうち、孫に「おばあちゃん、勉強を教えて」なんて言われたらどうしましょ。

                  教科にしても、小学生で英語を習う時代ですものね。

                  反対に、孫に教えてもらうことの方が多くなりそうです。

                   

                  難しいお勉強は無理だけど、頭の体操になる程度の学習を始めたい。

                  そう思うのは、春だからでしょうか。

                  4月は新学期というイメージですものね。

                  新しいノートが欲しくなる季節です。

                   

                            かしこ

                   

                   

                   

                  今日のお手紙はこちらです

                  今日の「本棚のしおり」はこちらです

                   

                   

                  ----------------------------------

                    紙飛行機ドットコム

                  ----------------------------------

                   

                  0

                    ピタパとチャージ

                     

                    拝啓、あなた様

                     

                    電車に乗るとき、ピタパを利用しています。

                    これを、関西圏以外、例えば東京で使うとしたら、チャージをしないといけない。

                    ということまではわかるのですが。

                     

                    じゃあ、もし、そのチャージ分が残ってしまったらどうする?

                    チャージに残高があるまま、関西に帰ってきて、ピタパを使ったら?

                     

                    チャージ分は、減らないのだそうです。

                    チャージから払うか、あるいはピタパで払うかの選択はできず、とにかくピタパ払いになるのだとか。

                    コンビニでの支払いにも使えないらしいです。

                    どうしてもチャージ分を使いたければ、切符を購入すればいいとのこと。

                     

                    何だか、面倒なことになりそうです。

                    どうやら、東京で使い切ってしまうのが一番よさそうですね。

                    ということは、必要以上にチャージしないようにしなきゃいけないのですね。

                     

                    ところで、そもそも、ピタパにチャージをしたことがないのですが、それって、どこの駅でも簡単にできるのでしょうか。

                    あるいは、ネットからチャージができたりもするのでしょうか?

                    これからのキャッシュレス時代に向けて、わたしは基本的なことからの学習が必要なようです。

                     

                              かしこ

                     

                     

                    今日のお手紙はこちらです

                    今日の「本棚のしおり」はこちらです

                     

                     

                    ----------------------------------

                      紙飛行機ドットコム

                    ----------------------------------

                     

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 問題解決 その3 【名前を覚える】
                        季ララ
                      • 問題解決 その3 【名前を覚える】
                        WR
                      • 問題解決 その3 【名前を覚える】
                        季ララ
                      • 問題解決 その3 【名前を覚える】
                        WR
                      • 忘れ物防止の呪文
                        季ララ
                      • 忘れ物防止の呪文
                        AKI
                      • 本の表紙の色
                        季ララ
                      • 本の表紙の色
                        yuu
                      • 回復祝い
                        季ララ
                      • 回復祝い
                        ゆひ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *