読書通帳

 

拝啓、あなた様

 

予定を変更して、4日の午後から、徳 治昭さんの個展に行ってきました。

2018年のカレンダーを予約していたので、いただいてきましたよ。

そして、今、我が家にある、2017年のカレンダー。

11月・12月は、愛らしいウサギの絵です。

わー、今年のラストはこの絵なのね。にこにこ〜という気分になりました。

その絵の原画に、この個展で出会うこともできました。

 

茶屋町での個展は11月7日までです。

絵の前に立つと、自然と笑顔になるから不思議です。

どうぞ、あなた様もお出かけくださいね。

 

今回、徳さんとお話していて、初めて知ったのですが。

八尾市には「読書通帳」というものがあるらしいのです。

八尾市の図書館で借りた記録が、記帳されていくものだとか。

形が、銀行の預金通帳のようになっているみたいです。

わたしが小学生のころ、学校の図書室に行って、本を借りるときは

「貸出カード」というものに、記入をしていましたが、

たぶん、そのような役割をもったものだと、理解しました。

 

銀行の通帳って、お金が貯まるとうれしいですものね。

同じように、読書の記録が通帳に記帳されていくと、

まるで貯金が貯まっていくみたいで、うれしいでしょうね。

おもしろいですねえ。

 

同じように、本屋さんにも通帳があると楽しそうだなあと思いました。

購入時には、レシートをくれるけど、処分してしまいますものね。

そうすると、いつ、どの本を買ったのか、記憶に頼るだけになってしまいます。

ずっと前に買ったことを忘れて、同じ本を購入することってありませんか?

 

ほら、お薬手帳ってあるでしょ。

あの仕組みみたいに、全国の本屋さん共通の「ブック通帳」というものがあって、

支払いの際に、レジの人に預けると、購入した本の記録を印字してくれるの。

そうすると、この本は、どの本屋さんで、いつ買ったのかが一目瞭然でしょ。

どんどん増えていけば、読書記録にもつながるし。

ブック通帳の中身は同じでも、表紙は、それぞれの本屋さんまかせ。

その本屋さんのブックカバーのようにね。

そうなると、通帳を集めるのも楽しいかも〜。

うふふ。空想が広がりました。

 

               かしこ

 

 

----------------------------------

 紙飛行機ドットコム

----------------------------------

0

    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM

    使用素材のHP

    Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *