本の帯をどうしましょう

拝啓、あなた様

 

春を感じる陽気となりましたね。

週末をいかがお過ごしでしょうか。

 

わたしは、本棚について悩んでいます。

里帰りをしていた娘が、ベイビーちゃんと一緒にいた和室。

娘たちが帰っていった後、また元に戻したのですが、

その際に、ついでにちょっと模様替えもして、

オットの本棚を整理しました。

 

  

 

気になるのが、本の帯です。

カバーも帯も含めて本だと思うで、

それを残しておきたいという気持ちは当然です。

だけど、こうして本棚に並べたとき、統一感が無くなって、

整理できていないように感じるのが難点です。

 

たとえば、これ。

 

 

うーん。

帯があったり、なかったりです。

ちょっとごちゃごちゃした感じがします。

次にこれ。

 

 

黄色の文庫や、オレンジ色の文庫には、帯がありません。

キチンと感があります。

 

見た目重視だと、帯が無い方が好きなんですけど、

思い入れのある本だと、帯を捨てることもできません。

皆さんはどうしているかと思い、ネットで検索してみました。

いろいろなご意見があり、保存方法も紹介されていました。

ただ、どれも一長一短で、わたしの場合はどうしたらよいか思案中です。

特に、伊坂幸太郎さんの本については、ずっと悩んでいます。

納得のいくアイデアを、いつ思いつくことでしょう。

 

本棚の整理とともに、春を感じる部屋にできたらいいなと思います。

さあ、春をめいっぱい楽しみましょう。

 

                   かしこ

 

 

----------------------------------

  紙飛行機ドットコム

----------------------------------

 

0

    関連する記事
    コメント
    季ララさん おはようございます。

    本の帯、昔読んだ向田邦子さんのエッセイに「腰巻」と書かれていたことを思い出しました。
    業界用語だそうです。

    私は読んでいる時は畳んで栞にして使い、
    読み終わったら本とカバーの間に入れてます。

    処分するときに帯もついていた方が高く売れると
    勝手に信じていました。
    でも最近ブックオフに持っていったら
    関係ないといわれちょっとガッカリでした。
    • ゆひ
    • 2018/03/25 6:32 AM
    ◆ ゆひさんへ ◆

    ゆひさん、おはようございます。

    帯は業界用語で「腹巻」なのですか。
    お腹を冷やすのは良くないですからね。
    腹帯=帯は、大事なものなのでしょう。

    ゆひさんは、本とカバーの間に入れる
    方法なのですね。
    ネットでも、その方法が紹介されていました。
    わたしもやってみようかしら。

    ブックオフで、高く売れるという話。
    わたしも、かつて、そう思っていました。
    関係ないなんて、意外ですよね。
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 100円ショップのアルバム
      季ララ
    • 100円ショップのアルバム
      奥村です
    • 100円ショップのアルバム
      季ララ
    • 100円ショップのアルバム
      奥村です
    • カレンダーが覚えられない
      季ララ
    • カレンダーが覚えられない
      ゆひ
    • 「あ」の話
      季ララ
    • 「あ」の話
      ゆひ
    • 「あ」の写真を撮りました
      季ララ
    • 「あ」の写真を撮りました
      ゆひ

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM

    使用素材のHP

    Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *