思い出につながる本

 

拝啓、あなた様

 

「この本、おもしろかった」と、小説本をすすめられました。

その方ご自身も、「おもしろい本」として紹介されたそうです。

購入して読んでみると、すすめられた通り、おもしろかった。

そこで、別の人に「おもしろかったよ」と言って貸した。

すると、その人も愉しめた様子で返却してきた。

という流れで、次はわたしに。

 

人から本を紹介されるというのは、うれしいものです。

おもしろい本との出会いもそうなのですが、

その本やその作家さんに思い出ができることも大きいです。

 

気になる出版社のひとつに、夏葉社さんがあります。

その関連でネットを見ていると、

夏葉社さんから新刊が出ることがわかりました。

吉田篤弘さんの「神様のいる街」です。

神戸と神保町を舞台にしたエッセイだそうです。

この情報を目にしたとき、思い出しました。

わたしに、吉田篤弘さんの本を薦めてくれた方のことを。

 

思い出につながる本。

こういう出会いが、これからも増えていきますように。

 

                   かしこ

 

 

 

----------------------------------

  紙飛行機ドットコム

----------------------------------

 

0

    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM

    使用素材のHP

    Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *