第1回 泉州焼陶器まつり 泉佐野



拝啓、あなた様

楽しいイベント情報をいただきました。
お友達のsatoさんも出展する、陶器まつりのイベントです。

-----------------------------------------------------------------

◆ 第1回 泉州陶器まつり 泉佐野 ◆

期間  2013年12月27日(金)〜 2013年12月29日(日)
時間  10時〜21時 (最終日のみ18時まで)
場所  ショッパーズモール泉佐野 1階特設会場

------------------------------------------------------------------

satoさんに、どんなイメージのイベントなのかと訊いてみたところ、
数年前に、satoさんが出展した岸和田の陶器まつりの
泉佐野版みたいな感じかなぁと、お返事をいただきました。
ということで、岸和田の陶器まつりのときの写真をアップしてみました。
あれから、数年たっているので、
今回は、satoさんの新作がずらりと並ぶことと思います。
わくわくしてます。

販売もするイベントなので、気にいった器は、自分のものにできちゃいます。
またまた、かわいい器が、うちの食器棚を明るくしてくれそうです。
ぜひ、あなた様もお出かけくださいませ。

                      かしこ


「第1回 泉州焼陶器まつり 泉佐野」 詳細はこちらです
satoさんのブログはこちらです

-----------------------------------------
    紙飛行機ドットコム
-----------------------------------------

0

    お礼状

     

    拝啓、あなた様

    職場にお歳暮が届いたとき、お礼状を出すのは、わたしの仕事です。
    お中元のときもそうだったので、同様のことをすればいいんだけど。
    自称テガミストとしては、お歳暮版のお礼状は、どうも満足がいかないです。
    ビジネス上のことだから、凝った絵柄のポストカードを使う必要はないんだけど
    官製はがきというのは、どうも味気なくて。

    お中元の時期は、かもめーるという暑中見舞い用のはがきが
    販売されているでしょ。
    あれは、ビジネスにも使えて便利です。

    でも、お歳暮の時期は、年賀はがきしか販売されていなくて。
    それを、お歳暮のお礼状に使うわけにはいかないですよねー。
    かもめーるのように、ちょこっと季節の絵柄の入ったはがきが
    販売されているといいのになぁ。

    「あたためーる」とかどう?
    あるいは・・・冬至まで使えるハガキということで
    「ゆずめーる」「かぼちゃめーる」なんていうのもどうかな。
    動物だったら「雪うさめーる」とか。
    縁起がよさそうな「フグめーる」もいいかも。
    ふわふわ羊毛の想像させる「ひつじめぇーる」もありかな?
    それ以外にホワイトクリスマスのイメージから「ホワイトメール」も冬っぽい?

    郵便局さん、よろしくお願いします。

           
                     かしこ


    -----------------------------------------
        紙飛行機ドットコム
    -----------------------------------------

    0

      今日の占いカウントダウン



      拝啓、あなた様

      朝、我が家のテレビは「めざましテレビ」がついています。
      その中のコーナーのひとつに「今日の占いカウントダウン」があります。
      わたしは占いを信じる方ではないんですけど、
      朝から「今日は最下位ですよ」って言われると、気分がブルーになりがちです。
      でも、今日は1位でした。
      そんな朝は、気分がいいです。

      今日から、わたしの職場に、新しく男性社員さんが増えます。
      そういう日に、占いが1位というのは、うれしいです。
      きっと、いい出会いに違いない!と思えます。

      出勤して「初めまして」のご挨拶をしました。
      どうぞ、よろしくお願いします。

      その後、ボスからうれしいニュースも教えてもらいました。
      試験勉強をがんばっていた彼に、合格通知が届いたと!

      うれしいこと続きです。
      これで、19日の忘年会は、
      歓迎会でもあり、試験合格のお祝い会でもあり、
      ハッピーな焼肉パパーティーになりそうです。


                           かしこ


      -----------------------------------------
          紙飛行機ドットコム
      -----------------------------------------

      0

        行ってみたい古本屋さん



        拝啓、あなた様

        ご存知の通り、わたしは伊坂幸太郎さんのファンです。
        その伊坂さんのデビュー作「オーデュボンの祈り」なんですが、
        単行本は絶版になっていて、現在は文庫本しかありません。
        ところが、文庫化する際に、原稿用紙で150枚分を削っているんですよ。
        そういう話を聞いたら、ファンとしては、初版を読んでみたくなりますよね。
        でもねー、どこに行ってもないんですよ。
        古本屋さんに行く機会があれば、探してるんですけどね、
        そう簡単には見つかりません。

        ところで、古本屋さんですが。
        きのう、岡山の父からおもしろそうな古本屋さんの話を聞きました。

        父は、ケイタイにお茶をこぼしてしまって、使えなくなったので
        ドコモのケイタイショップまで出かけたらしいのです。
        その途中に、古本屋さんがあるのを見つけて、入ったんだとか。
        父も、以前から探している本があるので、それを尋ねてみたそうです。
        残念ながら、その本はなかったんだけど、
        店主さんの応対は親切で、いいお店だったと言う父の話です。

        「お茶を出してくれた」って言うんですよ。
        「えっ?喫茶もやってるお店?」
        「いやいや、そんなに広くない。普通にお茶を出してくれたんじゃ」

        なんとまあ、和やかな雰囲気じゃない。
        どんな店主さんなんでしょ。
        どんなお店なんでしょ。
        気になる〜。行ってみたい〜。

        「古書 五車堂」の店主さんのブログはこちらです

        どうも「オーデュボンの祈り」の在庫はなさそうですが・・・。
        いつか、手にとることができますように。


                         かしこ


        -----------------------------------------
            紙飛行機ドットコム
        -----------------------------------------
         

        0

          なんばパークスフォトコンテスト



          拝啓、あなた様

          春に続いて、秋にもなんばパークスでフォトコンテストが開催されました。
          皆さまのおかげで、春に優秀賞をいただいたわたしは
          調子に乗って、秋にも応募しました。
          そのノミネート作品が、なんばパークスのホームページ上で
          今日、発表になりました。


          今回は、ふたつの部門に分かれています。
          そして、それぞれの部門にひとり1枚だけしか応募はできません。


          では発表はこちらから。
          「秋のパークスガーデン」部門はこちらです。
          「イルミネーションと自然の調和」部門はこちらです。


          なんばパークスさん、ありがとうございます。
          今回もノミネートしていただきました。
          いいなと思って、あなた様にも投票をしてもらえるとうれしいです。
          ひとり1票なので、どうぞその票を大切に使ってくださいね。


          さて、わたしの写真はどれでしょう。
          わたしの写真・・・・ヒントは次の二点です。
          ★わたしの名前
          ★娘の名前


          まずは、なんばパークスのホームページをご覧くださいね。


                        かしこ


          -----------------------------------------
              紙飛行機ドットコム
          -----------------------------------------






          0

            「三」のつく企業

             

            拝啓、あなた様

            前々から疑問に思っていたことがあります。
            あなた様がご存知でしたら、教えてくださいね。

            名前に「三」がつく企業が多いのは、どうしてなんでしょうか?

            「三井」「三菱」を始め、「三」がつく企業は多いと思うんです。
            そういういう、大企業さんに限らず、
            わたしは仕事上、多くの企業名を目にするんですけど
            その中には、数字の入った名前の企業は結構、多いんですよね。
            中でも「三」のつく企業が特に多いように感じるんです。
            それは、商売上縁起がいいとか、何かにあやかっているとか
            何かしら意味があるのかなーと、ずっと疑問に思っていました。

            今日、オットが仕事の関係先で、お祝いごとがあったらしく、
            記念品をいただいて帰ってきました。
            その中に、その企業の名前(ロゴ)が入ったタオルもありました。
            それを見たわたし。
            おっ!「三」がつく企業やん。

            そこで、オットに、かねてからの疑問を口にしてみました。
            「考えてみたこともない」
            と、そっけない返事でした。
            でも、記念品の中に、その企業の社史を記した冊子ももらっていたので
            それをめくってみてくれました。
            どうやら、その企業の場合は、設立当初は、3人で始めたということでした。
            それで「三」がつくのね。ふむふむ。

            それがヒント!
            わたしなりに想像してみたんですけど。
            事業を起こすときって、自分ひとりではできないことってありますよね。
            最初に必要なのは「人・金・物」って言うじゃないですか。
            その3つが揃っていてこそ、企業が成り立つ・・・ってことから
            名前に「三」をつける企業が多いのかな。
            ほら、毛利元就の「三本の矢」のことわざもあるじゃない。
            三本柱が大切ってことかなぁ。


            今日は、そんなことを考えた日でした。

                            かしこ


            -----------------------------------------
                紙飛行機ドットコム
            -----------------------------------------




            0

              今年の漢字が決まりました

                

              拝啓、あなた様

              毎年恒例の「今年の漢字」が、「輪」に決まりましたね。
              オリンピックが東京に招致されることが決定したからでしょうか。
              わたしは、「倍」を予想していました。
              予想をした時の日記はこちらです


              「倍返し」という言葉が流行した2013年ですが、
              政治の世界は、それを彷彿させますね。

              泉北高速鉄道の売却の話。
              大阪府が、アメリカの「ローンスター」に売却するとしたところ、
              堺市は「いやいや、南海電鉄の方がいいでしょう」的なことを言い出して、
              それを受けた大阪府知事の言葉が印象に残りました。

              「堺のことは堺で決めると、堺市長は言い続けてきたでしょう」

              そうそう、少し前に行われた堺市の市長選挙で、堺市長はそう主張していました。
              そして、その堺市長が当選して、維新の会が敗北したんですよね。
              維新の会の大阪府知事は、そのことを恨みに思っているみたいに
              「やられたらやり返す、倍返しだ!」とでも言い出す勢いを感じました。


              13日に、ふたりは面会するそうですね。
              まあ、ドラマのように、どちらかが土下座するような場面には
              なるはずがないでしょうけど、
              喧嘩腰にならず、紳士的に話をしてもらいたいものです。

                              かしこ


              -----------------------------------------
                  紙飛行機ドットコム
              -----------------------------------------


              0

                カレンダー

                  

                拝啓、あなた様

                年末ですもの、来年のカレンダーを準備しなきゃね。
                わたしの勤務先では、今日も、お取引先様からカレンダーをいただきました。

                わたしは、カレンダー係でもあります。
                ・・・雑務引き受け係とも言いますが。えへへへ。
                いただいたカレンダーは、とりあえず、専用の箱に入れておきます。
                事務所にはるカレンダーは、機能性重視のようです。
                とはいえ、いただきものなので、
                どこからいただいたものを使うのか、気を使います。

                今日も、いただいたカレンダーが、とても便利そうだったので、
                ボスは、それをバーンと壁にはりたいと思ったようなんです。
                「ただ・・・・」
                ちょっとためらっていました。
                同業の別会社の方にもカレンダーをいただいていたからです。

                家庭のカレンダーだと、機能性やデザインで、簡単に決めることができるけど
                ビジネスの場では、そうもいかないようです。
                たかがカレンダー、されどカレンダーですね。


                                         かしこ


                -----------------------------------------
                    紙飛行機ドットコム
                -----------------------------------------


                0

                  利休にたずねよ

                    

                  拝啓、あなた様

                  きのうの朝、スタバに行ったとき、いつもより多くのお客さんがいました。
                  開店間もない時間帯に行くので、普段は、たいてい、いつも同じ席に座ります。
                  わたしの中で、勝手に定位置を決めているんです。
                  そこがダメなら、こっち。
                  それもダメなら、あっち。
                  それでもダメなら、あそこ。
                  ・・・・・と、自分の中では、4番手まで考えています。
                  でも、きのうは、その4番目までおさえられていたので、
                  適当に空いている席に座りました。

                  ラテを作ってくれたのは、堺市にお住まいの彼です。
                  彼とは先日、平成27年3月にオープンする、堺のスタバの話をしたばかりです。
                  そのオープン予定のスタバの横には、千利休の文化施設ができます。

                  「利休の映画、もう見ました?」と、彼に訊かれました。
                  「いいえ、まだ」
                  「2日前に始まったんですけど、結構人気があるみたいですよ」
                  「そんなにおもしろい映画なんですか」
                  「今朝は、その映画を見るお客さんでいっぱいです」

                  ああ、なるほど!
                  映画目的のお客さんなのね。

                  そして、今日。
                  パークスの中央エレベーター付近で、ご婦人に道を訊かれましたよ。
                  「映画館に行くエレベーターはどこにありますか?」って。
                  ああ、この方も利休の映画を見に行くんですね。
                  そういえば、この前本屋さんへ行ったときも感じました。
                  「利休関連の本が多く出てるなあ」と。
                  そんなに利休って流行ってるの?知らなかった。

                  どうせなら、堺市の文化施設も、
                  この映画の公開に合わせてオープンすればよかったのにね。
                  27年春って、結構、先の話ですよねー。
                  それまで、利休人気が続いているといいですけど。

                                        かしこ


                  -----------------------------------------
                      紙飛行機ドットコム
                  -----------------------------------------




                  0

                    かき入れ時なのに



                    拝啓、あなた様

                    天王寺動物園が、来年から元日も営業するそうですね。
                    橋下市長が「かき入れ時に休むなんて民間企業ではありえない」と
                    批判したことから、議論されて決まったみたいです。
                    来年の干支は馬なので、動物園にいるお馬さんたちを
                    元日に見に行くのもいいかもしれません。

                    あまり、動物園に行くことのないわたしからすると、
                    「元日ってかき入れ時なの?」と、疑問符がついていました。
                    でも検証の結果、営業することになったんだから、
                    きっと、かき入れ時なのでしょうね。

                    さて、さて。かき入れ時と言えば、
                    今日は、わたしにとっても、「かき入れ時なのに」と思うことがありました。

                    職場でのことです。
                    先月、わたしは年賀状準備係に任命されました。
                    とある関係先より、年賀状印刷のパンフレットが届き、
                    ボスが、今年はここに印刷を頼もうと言いました。
                    そこで、わたしが全員に意見を聞いて、その結果、
                    そのパンフレットの中から、ひとつの絵柄に決定したんです。
                    ただ、その時点では、枚数が確定していなかったので、
                    注文は保留するように、とボスからの指示でした。

                    わたしは、そろそろ注文しなきゃと思い、今日、ボスに枚数を確認しました。
                    ボスは、まだ決めていなかったので、
                    「申し込み期限はいつ?」と、逆に質問されたんです。
                    わたしは、改めてパンフレットで確認しました。
                    えーっと、えーっと。・・・・えっ?ほんと?
                    申込み締切 12月6日・・・って、もう終わってるやん。
                    ぎゃーっ。

                    だって、だって。
                    それこそ、印刷業界にしたら、年賀状の印刷ってかき入れ時なんじゃないの?
                    わたしは、12月下旬までやってると思ってましたよ。
                    しかも、出来上がりは、申込みから2、3週間かかる、なんて書いてある!
                    えーーーーっ。まさか、まさか。
                    こんなの、ひな形ができてるんだから、数日でできるんじゃないの?
                    仮に、12月6日に申し込んで、
                    3週間後に出来上がってきたら、12月27日やん。
                    宛名書きもできない。元旦に配達もしてもらえない。
                    ありえなーーーい。

                    かき入れ時なんだから、もっとサービスを考えてよーーーー。
                    まあ、思い込みで、まるで確認をしていなかったわたしも悪いんだけど。
                    というわけで、年賀状印刷をそこにお願いする話は消えてしまいました。
                    どうやら、わたしが、事務所で印刷するみたいです。あははは。

                                        かしこ


                    -----------------------------------------
                        紙飛行機ドットコム
                    -----------------------------------------


                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *