脳内暦の上では春がやってきました

  

拝啓、あなた様

スタバからお知らせメールが届きました。
「SAKURA」シリーズ開始のお知らせです。
外は、まだまだ寒いんだけど、
桜のシリーズが開始されたと聞くだけで、春が近くなったと感じます。

よく「暦の上では春ですが」っていう言葉を聞きます。
その場合の暦とは、立春のことですよね。

だけど、わたしの脳内暦によると。
バレンタインデーまでが冬で、その翌日からが春なんですよね。
スタバのSAKURAシリーズと同じです。
うふふふ。
わたしの脳内でも「暦の上での春」がやってきました。
現実の春が、駆け足でやってきてくれますように。
 
        かしこ


----------------------------------------
    紙飛行機ドットコム
-----------------------------------------

0

    2014.ホワイトバレンタイン

      

    拝啓、あなた様

    2014年2月14日は、ホワイトバレンタインになりましたね。






    雪が積もりました。


    雪の影響は、電車にもありました。
    すべって転ぶことのないように、ゆっくりと歩きましたよ。
      
     
    この前、雪が降ったあの日が寒さのピークかと思っていました。
    そこから、徐々に春に向かっていくものだと。
    でも、その予想ははずれていたようです。
    まだ、しばらく寒さが続く気配ですね。

    春の足音が聞こえるように、耳を澄ませています。

                     かしこ


    ----------------------------------------
        紙飛行機ドットコム
    -----------------------------------------

    0

      ハート豚まんが気になります

        

      拝啓、あなた様

      仕事で、郵便局まで行きました。
      事務所から郵便局まで行く途中に「551蓬莱」さんのお店があるんですね。
      お店の前を通るとき、そういえば・・・・と。新聞の記事を思い出しました。
      ハート豚まん」が期間限定で販売されるって。

      通りすがりに、お店の中をチラっとのぞいてみました。
      その商品名は見えたけど、商品そのものは見えませんでした。残念。
      どんな形のハートなのか、見てみたいです。
      だって、豚まんでしょ。
      クッキーのようなものだったら、単にハートの形にくりぬいたものを想像できるけど
      豚まんって、おまんじゅうのようにふくらむでしょ。
      ふくらんだハートは、愛を伝えるのにはもってこいでしょうけど、
      どんなふうにふくらんでいるのか、気になります。

      そういえば、先日デパ地下のお惣菜をみていた時。
      ハートのかまぼこと、ハートのコロッケを見ました。
      ハート商戦はスィーツだけじゃないですね。

                     かしこ


      ----------------------------------------
          紙飛行機ドットコム
      -----------------------------------------



      0

        恋の金メダル獲得へ向けてファイト!



        拝啓、あなた様

        「バレンタインにはチョコレートを手作りするんですか?」
        予想もしていなかった質問をされちゃいました。
        あははは。
        思わず「誰にあげるチョコのために?」と聞き返しそうになりましたよ。

        わたしの感覚で言うと。
        手作りチョコは本命にあげるもの、だと。

        そして、わたしがバレンタインにチョコをあげる相手は・・・・。
        感謝チョコか、仲良しチョコか。
        一番はファミリーチョコですよね。
        オットにあげるんだけど、自分の分も購入してきて一緒に食べる、みたいなファミチョコ。
        本命チョコなんてものは、縁がないので、手作りチョコという発想すらなかったです。

        でも、せっかく季節に合わせた質問をしてくれた彼女に、
        身も蓋もないような答えを返すもの申し訳ないです。
        「手作りは苦手でね」と、苦笑いでごまかしました。
        すると、彼女も「わたしも苦手なんです」と。
        そう言いつつも、どこかこの会話を楽しそうにしている彼女を見ていて、
        わたしは逆に質問してみました。

        「本命さんには手作りですか?」

        すると、彼女の笑顔度が少し上がったように感じました。
        「はい、手作りは苦手なんですけど、本命用はがんばろうと思います」

        うふふふ。いいですねー、恋って。
        きっと、彼女はどんなチョコを作ろうかなぁと思案するところから始まって。
        レシピ本を探したり、ネットを検索したりして。
        これを作ろうって決まったら、材料を買い出しに行って。
        さらに、ラッピングもどうしようかなーって考えて。
        またまた、あちこちのお店を見てまわって。
        バレンタイン直前に、チョコを作る時間をつくって。
        がんばって、愛をこめて作って。

        きっと、ハッピーなバレンタインデーになることでしょうね。
        恋の金メダル獲得へファイト!

                          かしこ


        ----------------------------------------
            紙飛行機ドットコム
        -----------------------------------------



        0

          洗濯物が乾きません



          拝啓、あなた様

          ああああーーーーーっ。
          いよいよダメになってきました、我が家の洗濯機。
          今日は、どうしても脱水ができなくて。
          いろんなスイッチを入れたり、切ったりしてみるんだけど、
          どうやっても、洗濯とすすぎで止まっちゃうんです。

          ピーピーピーと鳴るエラー音が悲しいです。

          仕方ないので、わたしが自分の手で絞りましたよ。
          冷たいーーーーー!
          なんせ、力のないわたしですからね。
          絞ると言っても、洗濯機のようには絞れません。
          ベランダに干すと、洗濯物からポタポタと水滴が落ちます。
          そこで、また絞りました。
          ・・・・少し時間を置くと、またポタポタ。
          ・・・・また絞りました。
          繰り返しです。

          でも夕方になっても乾いていません。
          この洗濯物、いつになったら乾くんでしょ。


          家電量販店へ行きました。
          修理も考えたけど、使用年数を考えると
          今後も、頻繁に修理を繰り返しそうなので、
          買い替えた方がいいんじゃないかと、オットに言われまして。

          今度の土曜日に配達してもらうことになりました。
          それまで、毎日、手絞りになるのでしょうか。
          明日は、洗濯機のご機嫌が直るといいなー。



          ----------------------------------------
              紙飛行機ドットコム
          -----------------------------------------

          0

            雪の日は家の中で過ごします


                                                     *この写真は2013年2月に撮ったものです

            拝啓、あなた様

            雪です。
            昨夜から、天気予報で「明日は雪が降りますよ」って言っていたので、
            朝起きたら、一番にカーテンを開けて外の様子を見ましたよ。

            白い!

            天気予報通り、雪が積もっていました。
            その雪を見た瞬間、今日のわたしの予定が決まりましたね。
            「外には出ない」って。うふふふ。
            今日は土曜日で、仕事がお休みの日でよかったです。
            一日中、家の中にこもっていることができますもの。

            そして予定通り、一日中、家の中で過ごしたわたしは、
            一日中、パソコンに向かっておりました。
            これだけ長時間、パソコンに向かっていたのは久しぶりです。
            最近読んだ、伊坂幸太郎さんの「首折り男のための協奏曲」について
            わたしのホームページで考察の結果を書きたくてね。
            今日中に仕上げるぞっ!と意気込んでいたんですけど。
            残念ながら、その予定は予定通りの進み具合とはなりませんでした。

            あと少し。
            明日までには仕上げたいです。
            ネタバレ満載の内容です。あははは。
            出来上がったら、報告させてもらいますね。

                        かしこ


            -----------------------------------------
                紙飛行機ドットコム
            -----------------------------------------

            0

              ニックネームが気になりました



              拝啓、あなた様

              コーヒーショップで雑誌を読んでいました。
              その雑誌が、特に興味をひくような内容がなかったせいもあるんですけど、
              雑誌より、となりの席に座っている女性3人組の会話の方が気になりました。

              同じ職場で働く女性の集まりのようです。
              会話は、もっぱら職場でのあんなこと、こんなことでした。
              気になるのは、その会話に登場してくる人物たちの名前です。

              「てっしー」
              「まっしー」
              「よっしー」

              この職場では「〇〇っしー」が流行ってるの?
              「ふなっしー」に便乗中?
              それとも、バブル時代の「めっしー」「あっしー」の名残?
              本名は何ていうのかなぁ。

                            かしこ

              -----------------------------------------
                  紙飛行機ドットコム
              -----------------------------------------

              0

                粕汁の具の定番は鮭だと思っていました



                拝啓、あなた様

                今日は寒い一日だったこともあり、夕飯に豚汁を作りました。
                あったまりました。

                オットが豚汁を見て言うんです。
                「これ、粕汁?」って。
                えーーー。どう見ても豚汁でしょ。
                鮭も入ってないし、汁も白くないし、どうして粕汁だと思ったんでしょ。
                だいたい、わたしは一度も粕汁を作ったことがありません。
                オットに聞きました。「粕汁は食べることができるの?」と。

                「実家で冬には粕汁を、食べてた」と。
                あら、意外。
                オットは、お酒(アルコール類)を好まないんですよね。
                おつきあいで外で飲むことはあっても、家で飲むことはありません。
                そして、魚料理もあまり好みません。
                特に、鍋に魚が入ったり、汁もの、スープものに魚が入ることを嫌います。

                というわけで、わたしは、オットは粕汁が好きではないと決めつけていました。
                結婚してから、粕汁を作ったことは一度もありません。
                そのオットが、結婚して30年もたつという今ごろになって
                「粕汁はおいしい」などと発言するので、びっくりしました。

                だから、聞いたんです。
                「粕汁に入った鮭は食べることができるの?」と。
                すると、反対にオットが訊いてくるんです。
                「粕汁って鮭が入るん?」と。
                「わたしの頭の中では、粕汁には鮭が定番だと思ってる」と答えると
                「実家の粕汁には、鮭は入ってなかったと思う」と、オットは言いました。

                ああ、なるほど。
                だったら、オットもおいしく食べることができたかも。

                ところで、一般的に粕汁の具って何なのかしら?
                粕汁には「鮭」と思い込んでいるのは、わたしだけ?
                ネットで検索してみました。
                ・・・・おやおや。
                京都では「豚」を入れる人が多いんですね。
                またまた納得です。
                オットの実家は滋賀ですが、京都に近いので、
                たぶん京都文化の影響が強いと思われます。
                きっと、オットの実家の粕汁も「豚」を使っていたのだろうと想像できます。

                そっか!
                だから、豚汁を見て粕汁だと思ったのか。
                食文化は、地方色が濃いですよね。

                あなたの中で、粕汁の具といえば、何が定番でしょうか。

                        かしこ


                -----------------------------------------
                    紙飛行機ドットコム
                -----------------------------------------


                0

                  家に帰ってからのお楽しみ

                    

                  拝啓、あなた様

                  今日は、小雪が舞うほど寒い日でしたね。
                  そういう寒い日に、がんばって仕事帰りに梅田まで行ってきました。
                  そう、取り置きをしてくれている本を受け取りに!

                  取り置きを頼んだのが月曜日の夜。
                  翌日の火曜日は、お店がお休みだということだったので、
                  水曜日の本日、受け取りに行ってきました。

                  「取り置きをお願いしていました〇〇〇〇」です、と名前をレジで告げました。
                  すると、その本のタイトルも著者名も聞かれることなく、対応してくれるのです。
                  その店員さんの動きを見ていると・・・・。
                  取り置きの棚が見えました。
                  そこには、「あ行」から「わ行」までの10の仕切りがしてあります。
                  そして、わたしの名字の「た行」のところを店員さんが探しています。
                  どうやら、本のタイトルではなく、取り置きを頼んだ客の名前で分類しているようでした。

                  ジャーン!
                  ついに、わたしの目の前に伊坂幸太郎さんのサインが入った本が!
                  すぐにでもそのサインを見たい!と思ったら。
                  よくコミックがビニールで包まれているように、
                  この本もすぐには開けることができないようになっていました。
                  家に帰ってからのお楽しみですねー。
                  うふふふ。
                  それでも、すでにレジでニタニタとしていたわたしです。

                               かしこ


                  -----------------------------------------
                      紙飛行機ドットコム
                  -----------------------------------------


                  0

                    クオカードの続報



                    拝啓、あなた様

                    土曜日に届いたQUOカードの続報です。
                    QUOカードと一緒に入っていた文書には
                    「投稿のお礼」という内容が書いてあったんですよ。
                    だから、投稿した人全員にQUOカードがもらえるものだと思っていました。

                    ところが!
                    ワォ!

                    なんと、わたしが投稿した文書が掲載されていました。
                    だったら、文書にそう書いてほしかったなぁ。

                    職場に置いてある雑誌12月号の内容について感想を送ったわたしです。
                    現在、職場には2月号が置いてあります。
                    「投稿者全員にQUOカードを差し上げます」なんて文言が載ってたっけ?と
                    確認するつもりで、雑誌の最後のページを見たんですよ。
                    そしたら!
                    な、な、なんと。
                    なんか見覚えのあるワードが並んでいるじゃない。
                    「テッセイさん」だの「伊坂幸太郎さん」だの「彗星さん」だの。
                    え、え、えっ?
                    もしかして、わたしが投稿した文書?

                    おおおおおぉ!
                    わたしのフルネームが載ってるぅ!しかも年齢までバッチリと。
                    年齢は必要か?の疑問は残るけど(笑)

                    なるほど。
                    QUOカードは、採用されたお祝いだったのね。納得。
                    採用していただいて、ありがとうございます。
                    そして、この投稿をする気持ちになったのも、
                    伊坂幸太郎さんの「彗星さんたち」を読んだからに他ならないわけで。
                    伊坂幸太郎さんにも、ありがとうございます!です。

                              かしこ

                    -----------------------------------------
                        紙飛行機ドットコム
                    -----------------------------------------


                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • スマホと公衆電話
                        季ララ
                      • スマホと公衆電話
                        ゆひ
                      • 小銭の行方
                        季ララ
                      • 小銭の行方
                        ゆひ
                      • 旅の記念にブックカバー
                        季ララ
                      • 旅の記念にブックカバー
                        ゆひ
                      • 眼科受診とストレス解消
                        季ララ
                      • 眼科受診とストレス解消
                        ゆひ
                      • SEOポイズニング
                        季ララ
                      • SEOポイズニング
                        ゆひ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *