切手デザイナーさん

 

拝啓、あなた様

 

昨年、年賀ハガキを予約購入した郵便局から、

年賀状印刷のカタログが送られてきました。

 

さすが郵便局と思えるのは、

切手デザイナーさんがデザインした年賀ハガキがあることですね。

普通切手以外の切手は、年間に60種類ぐらい出るかな。

そのデザインをする方たちは、現在、8名いらっしゃるそうです。

切手デザイナーさんによる年賀状は、郵便局だけですよね。

 

本屋さんに寄ったら、年賀状の素材集が並んでいました。

2018年ものが出てくる時期ですね。

年賀状を出す人が減っていると聞くのですが、

年賀状素材集とか、印刷屋さんや写真屋さんのカタログとか、

そういう、年賀状関連のものは、メールなどが無かった昭和の頃より、

ぐっと増えているように感じるのですが、なぜでしょうねー。

気のせいでしょうか。

 

さて、これからじっくり、年賀状のデザインを考えましょ。

 

                かしこ

 

 

 

----------------------------------

 紙飛行機ドットコム

----------------------------------

 

 

0

    選挙が近い

     

    拝啓、あなた様

     

    もうすぐ選挙があるんですねえ。

    仕事中にも、選挙カーからの声がよく聞こえてきます。

     

    仕事で、郵便局に行く用事があったので、外に出ました。

    そしたら、選挙の演説の場と遭遇したのです。

    立ち止まって、その演説を聞いている人の姿はあまり多くありません。

    そのせいでしょうか、余計に目立っています。

    黒いスーツを着て、ちょっと恐そうな顔をしている人たちが。

     

    その警備の人の横を通るときは、何だか怖くて

    わたしは、足早にその場を通り過ぎました。

    ああ、もしかしたら、みんなもそうなのかなあ。

    だから、立ち止まって、しっかり演説を聞こうという気にならないのかも。

    警備の人は、警備が仕事で、応援は仕事じゃないってことですか?

     

    その立候補者の人・・・名前も党名も、聞き逃したし、見逃したし。

    どの党のどなただったのかしら。

     

              かしこ

     

     

    ----------------------------------

     紙飛行機ドットコム

    ----------------------------------

     

     

    0

      眠たくなる電車

       

      拝啓、あなた様

       

      今日、枚方のT-SITEに行ってきました。

      淀屋橋から京阪電車に乗って行ったのですが、

      行きも帰りも、ずっと、うとうとうとうと眠っていました。

      いや、うとうとと言うより、ぐっすりかもしれません。

       

       

       

      電車で本を読もうと思って文庫本を持って出かけたのに、

      まず、行きの電車では、1ページも読むことなく。

      また、「T-SITE」で購入した雑誌を、帰りの電車の中で読もうとしたけど

      ほんの少し読んだだけで、眠たくなってしまいました。

       

       

      そう言えば。

      以前に新聞の記事で読んだことがあったと、記憶がよみがえりました。

      「京阪電車に乗ると眠たくなる」って。

      ネットで検索してみると・・・・。ありました、ありました。

      「なぜか眠気を誘う京阪特急」日経新聞より

      記事によると、特急電車が眠気を誘うように書かれていますが、

      わたしが乗った、普通電車でも眠たくなりました。

      まあ、わたしは、どの電車に乗っても眠たくなってしまう体質ではあるのですが、

      きょうは、いつもにも増して、眠たかったです。

      京阪電車様、気持ちよく眠らせてくれて、ありがとうございます。

       

                       かしこ

       

       

       

      ----------------------------------

       紙飛行機ドットコム
      ----------------------------------

       

       

      0

        取捨選択

         

        拝啓、あなた様

         

        「やってみたいことが、次から次へと出てくる」

        友達がそう言うのです。

        何と向上心の高いこと!

        どうりで、いつ会ってもイキイキとしているはずだわ。

        見習うべき姿!

         

        やってみたいことのすべてをこなすのは、難しいです。

        そこで、取捨選択が行われます。

        取捨選択を考える段階で、つい「できない理由」を優先してしまいがちなのが、

        向上心を低くしてしまう原因かも。

         

        すぐにとりかかれるものか、時間や費用が必要なものか、

        自分ひとりでできることなのか、

        他人の力を借りなければいけないことなのか、

        どうすればできるのかという情報が、有るのか無いのか。

         

        そうやって取捨選択をしていくのですが、いろいろ考えていると、

        あれも無理、これもできないと思ってしまいます。

        そこで、エイヤァ!っと何かに目をつぶらなくては始まらないのかな。

         

        やりたいことリストの取捨選択をするということは、

        現在の生活も取捨選択をすることに通じる?

        例えば、家事の手を抜くとか、パソコンに向かう時間を減らすとか、

        節約するとか、家族に協力を求めるとかね。

        だって、スーパーマンじゃないんだから、

        今の生活ペースを崩さないまま、何かを始めるというのは、

        なかなかできないですものねえ。

         

        大切にしたいのは、やる気と情報とやりくり。

        向上心の高い友達の「やりたいこと」を応援しながら、

        ぜひ、お手本にさせてもらおうっと。

         

         

                        かしこ

         

         

        ----------------------------------

         紙飛行機ドットコム
        ----------------------------------

        0

          雑談力

           

          拝啓、あなた様

           

          健康診断に行ってきました。

          人間ドックのような精密なものじゃなくて、もっとゆるーく簡単な健診です。

          いつもお世話になっている、近所の診療所で受けてきました。

           

          毎年、ここで健診を受けているので、お互いに慣れた手順です。

          採血をしてくれるのは、いつも婦長さんです。

          婦長さんは、わたしをリラックスさせようと思ってくれているのでしょう。

          採血しながら、軽く話しかけてきてくださます。

          「朝、食べずに来てくれたから、お腹すいたでしょう」

          「最近、ダイエットのために、ウォーキングを始めたんですよ」

          「そのバッグ、かわいいですね」などなど。

          わたしも、ついそれに応じて雑談を交わすようになるので、

          採血の際のチクっとする痛みや、針を刺される怖さを忘れてしまいます。

           

          そして、今年は、なんとまあ、誉めていただきましたよ。

          まさか、そんなことで誉められるとは思っていなかったので、笑ってしまいました。

           

          「季ララさん、パーフェクトでしたよ。」

          健康診断の結果ではありません。

          問診表に書き漏れがなかったとおっしゃるのです。

          「えっ、だって、はいといいえに、〇をつけるだけですよね?」

          「そうなんですけど、結構、記入もれがあるものなんですよ」

          「そうなんですか?」

          「季ララさんは、きっちりとした方なんですね」

           

          えっ? いやいやいやいや。問診票ぐらいで、そんな。

          ちょっと無理がありませんか、婦長さん。

          その程度で、きっちりとした性格だと判断されたら、

          世の中の大半の人は几帳面ということになっちゃいませんか。

          大笑いしている間に、採血は終わっていました。

          うまいですねぇ。さすがです

          今年も、ありがとうございました。

           

                             かしこ

           

           

          ----------------------------------

           紙飛行機ドットコム
          ----------------------------------

          0

            指折りながら言葉を探す

             

            拝啓、あなた様

             

            電車の中で、雑誌を読んでいました。

            気になる記事を読み終え、視線を雑誌からそらすと、

            目に入るのは、スマホ画面を見ている人たちの姿です。

            電車の中では、多くの人は、スマホを触っていて、

            そうでなければ、本・雑誌・新聞などを読んでいたり、

            仲間としゃべっていたりしていて。

            たまに、化粧をしたり、何かを食べたり飲んだりしている人もいます。

             

            今日、電車の座席で、隣に座っていた男性は、

            ビジネスバッグ以外は、何も手にしていませんでした。

            スマホも本も新聞もペットボトルもなく、右手は完全に空いていました。

            そして、その右手の指が、時折、数字を数えるように動くのです。

             

            うふふふ。

            多分ね、俳句とか川柳を作っていらっしゃるのだと思うのです。

            五七五を、指折り数えながら、言葉を考えていらっしゃるのでしょう。

            時々、首もひねっておられました。

            電車の中で、何かひらめくものがあったのでしょうか。

            どんな言葉が、五七五と並んだのでしょう。

            電車を降りるまでに、お気に入りの言葉が、見つかっていたらいいですね。

             

             指を折り 言葉探しで 時過ごす  

             

                        かしこ

             

             

             

            ひらがな18文字で綴るひとこと日記

            「18文字のかみひこうき」はこちらです

             

             

            ----------------------------------

             紙飛行機ドットコム
            ----------------------------------

             

             

            0

              空想書店

               

              拝啓、あなた様

               

              ノーベル賞の時期になると、村上春樹さんの話題が出ますね。

              その、村上春樹さんの本をメインとした書店があるそうですね。

              岡山県倉敷市にある「高橋人生堂書店」さんだそうです。

              毎日新聞の記事はこちら

              書店名は、村上春樹さんがつけてくれたのだとか。

              カフェもやっていらしゃるようです。

              全国から、村上さんのファンの方がおみえになるとか。

              村上さんの本、翻訳本、絶版本など、400種類、2000冊もあるらしいです。

               

              そりゃ、村上さんファンは行ってみたいですよねー。

              わたしも、もし伊坂さんの本がずらりと並んだブックカフェがあれば、

              飛んでいきたいですもの。

               

              わたし自身が、現実にブックカフェを開くことは、考えられないけど、

              伊坂さんの本ばかりを並べた部屋を持てたらいいなあと、

              常々、そういう部屋を空想して楽しんでおります。

              まるで、本屋さんのような部屋。伊坂さんの本がたくさん並んだ部屋。

              空想は、自由ですものね、楽しいです。

               

              さて、今日は、伊坂さんの「砂漠」の文庫本が出ます。

              今まで新潮社から文庫本が出ていたのですが、

              新たに、実業之日本社からも文庫本が出ます。

              「空想−紙飛行機書店」からのお知らせでした。うふふふ。

               

                  

                 砂漠 (実業之日本社文庫)

               

              今年の秋は、たくさん、伊坂さんの本が出るので、うれしい秋になります。

               

                             かしこ

               

               

               

              ----------------------------------

               紙飛行機ドットコム
              ----------------------------------

              0

                小さな小さな旅

                 

                拝啓、あなた様

                 

                仕事中に、ラジオが流れているという友達が言いました。

                「道路交通情報を聞いていると、自分もドライブをしている気分になる」

                へ〜っ、運転免許を持っていないわたしには

                持ち合わせていない感覚だったので、新鮮でした。

                 

                昨日、注文していた雑誌が届きました。

                伊坂幸太郎さんのインタビューが載っているという、仙台の情報誌です。

                大阪では、販売している書店はないようでしたので、直接、発行元に注文しました。

                10月号ということもあり、表紙は紅葉の写真で、

                雑誌の特集も「街なかの紅葉を楽しむ」というものでした。

                掲載されている写真は、とてもきれいで、気分はすっかり紅葉モードです。

                それこそ、仙台を旅している気分になりました。

                 

                もし、本当にその地へ旅をするならば、旅行ガイドブックは、役立つと思います。

                でも、旅をした気分を味わうなら、こうした地元の情報誌がいいのじゃないかしら。

                行ってみたい街は、たくさんあります。

                でも、なかなかそれが実現できないでいるわたしは、

                情報誌を楽しむという手段がいいかもという発見をしました。

                 

                秋は、行楽の秋でもありますものね。

                小さな旅より、もっと小さな旅ができるかもしれません。

                 

                                   かしこ

                 

                 

                 

                仙台発 大人の情報誌「りらく」のサイトはこちらです。

                 

                 

                 

                ----------------------------------

                 紙飛行機ドットコム
                ----------------------------------

                 

                0

                  10月になりました

                   

                  拝啓、あなた様

                   

                  10月ですねえ。

                  朝夕は、肌寒く感じることさえあります。

                  季節が進んだからというわけでもないのですが、

                  リビングの模様替えをしました。

                  いえ、そんな大げさなものではなく、単なる配置替えですね。

                   

                  ああ、そういえば。

                  そろそろ扇風機を片付けなきゃ。

                  入れ替わりに、ファンヒーターの出番がやってきます。

                   

                  天気予報によると、今日の大阪の最高気温は24度らしいです。

                  低くなりましたねえ。

                  今日は、雨も降るようですし、気温の低さを感じる一日になりそうです。

                  連日、30度を超えていた夏が懐かしくなるくらいです。

                  そうそう、10月になると、クールビスが終わって、

                  男性は、ネクタイをしなきゃいけないのですね。

                  さて、そんな今日、わたしは何を着たら快適なのでしょう。

                  悩みます。

                   

                                  かしこ

                   

                   

                  ----------------------------------

                   紙飛行機ドットコム
                  ----------------------------------

                  0

                    秋は健康診断の季節

                     

                    拝啓、あなた様

                     

                    教えてもらいたいことがあって、友達にメールをしました。

                    「会って、お話ししましょう」

                    と返事をもらい、早速、日程調整に入りました。

                     

                    わたしが〇〇日はどうですか?と訊くと、

                    「その日は、健康診断の予定が入っている」と言われ、

                    逆に、友達から△△日はどう?と尋ねられると

                    「その日は、わたしも健康診断です」と答えることになりました。

                     

                    「秋は健康診断の季節なのですね」と返信がきました。

                    うふふふ。

                    わたしも、その友達も、9月生まれなのです。

                    きっとそのせいでしょうね。

                     

                    ずっと昔。健康診断を受けたときに、お医者さんに言われたのです。

                    年に一度は健康診断を受けるようにと。

                    そして、それを忘れないためには、

                    誕生日が来たら健康診断と決めましょう、と。

                    というわけで、わたしは誕生日が近づくと、健康診断の予約を入れ、

                    10月になると、健康診断を受ける、というパターンなのです。

                     

                    年齢とともに、身体のメンテナンスも重要になってきます。

                    昨日、無事にひとつ歳を重ねました。

                     

                                   かしこ

                     

                     

                     

                    ----------------------------------

                     紙飛行機ドットコム
                    ----------------------------------

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *