本屋さんと夕飯メニュー

 

拝啓、あなた様

 

その後、「本屋手帳」作りは、

ゆるゆると楽しみながら、続いています。

こういう手帳作りを楽しいと思う感覚を、

理解してくれるのは、娘ぐらいなので、

昨日、娘のところへ行った際に、

この手帳を見せて、自慢してきました。

うふっ。

 

本屋さんへ行くことが好き。

買いたい本や目的もなく本屋さんへ行き、

店内をうろうろすることが楽しい。

という気持ち。

 

これって、スーパーでの買い物に似てるのでは?

と、最近、気がついたのです。

 

夕飯のメニューを何にするか、まだ決まらないまま

スーパーへ行き、とりあえず、売り場をうろうろする。

ああ、決まらない。何にしよう。今夜のメニュー・・・。

そこで、ある食材に目が留まり、あっ、これだ!

そこから、一気に気分が高まります。

そう言えば、冷蔵庫にあれがあった、

家族があれを食べたいって言ってた、

今日は暑いから、今日は手抜きをしたいから、

などなど、いろんな理由とリンクして、

するするとメニューが決まるとき。

 

ついに、見つけたぞっ!という充実感、

達成感、安堵感、うれしい感。

そういうのと似てるような気がするのです。

 

欲しい本が決まっているわけでもく、本屋さんへ行き、

何か読みたくて、何かおもしろい本はないかと

どうしようかなーと、うろうろ、うろうろ。

あれっ?こんな本があるんだっ!

そうそう、そう言えば!

前からこれって気になっていたのよ。

こういうのを読んでみたかったのよ。

と、わたしの中に眠っていた

「知りたい」「読みたい」「見つけたい」の気持ちが

目覚めてきて、どんどんリンクしていく感覚。

 

スーパーの食品売り場で、夕飯メニューが決まる感覚と

似てるんですよねえ。

この感覚、誰か共有できる方っていますかねえ。

 

             かしこ

 

 

 

----------------------------------

  紙飛行機ドットコム

----------------------------------

 

0

    固定電話の存在

     

    拝啓、あなた様

     

    昨日、ここのブログに書いた、友達の話の続編です。

    お祝いの気持ちを伝えたい!と思いました。

    メッセージカードを郵送するのもいいのですが、

    もっと、早く連絡をとりたいと思ったのです。

     

    ところが、ケイタイの番号を知りません。

    メールアドレスもラインもわかりません。

    フェイスブックも検索してみましたが、わかりません。

    どうやったら、連絡がとれるでしょう?

     

    うーーーん。

    年賀状を出すときに使っている住所録を開けてみました。

    おっ!固定電話の番号はメモしてあるじゃないの!

    そうよね。世の中に、まだ携帯電話というものが

    存在しなかった頃からのお付き合いだもの。

    その当時に教えてもらった固定電話の番号だわ。

    これはまだ生きてる?

    でも、手掛かりはこれしかない。

    思い切って、その番号にかけてみました。

     

    ピッ、ポッ、パッ、ポッ・・・。

    プルルルル。

    その先には、なつかしい声が待っていました。

    よかったーーー!

     

    でもね、その友達が言うのです。

    最近は、ほとんど固定電話を使うことがないので

    解約しようかなと考えていたところだと。

    あらまあ。

    ギリギリセーフでしたねえ。

    解約前に、こうして連絡がとれてよかった、よかった。

    固定電話が存在してくれていて、助かりました。

     

    最近は、固定電話がないおうちも増えましたよね。

    固定電話のメリットって何?

    と訊かれると即答はできないでいるわたしですが、

    やっぱり、固定電話があると安心できるのは、

    昔人間だからですかねえ。

     

                   かしこ

     

     

     

    ----------------------------------

      紙飛行機ドットコム

    ----------------------------------

     

    0

      おめでとう!

       

      拝啓、あなた様

       

      毎年、年賀状をくれる友達からハガキが届きました。

      年賀状には、いつも丁寧に近況が書かれています。

      お互いに、お正月に、年に一度の近況報告をするという、

      そういう付き合い方が、もう何十年と続いています。

      その友達から、年賀状以外のハガキが届くとは。

      ん?この時期に?何かしら。

       

      おおっ!

      何と結婚報告のおめでたいハガキだったのです。

       

      ご本人にすれば、いきなりでも、突然でもなく

      長く温めてきた結果の、ごく普通の流れなのでしょう。

      でも、わたしにとっては、とても急なお知らせで

      びっくりもしたし、うれしくもあったし、

      飛び跳ねたくもなりました。

      おめでとう!おめでとう!おめでとう!

       

      一枚のハガキが、わたしの心までを

      明るく華やぐ気持ちにしてくれました。

      しあわせを届けてくれてありがとう。

       

                       かしこ

       

       

       

      ----------------------------------

        紙飛行機ドットコム

      ----------------------------------

       

      0

        デジタル写経

         

        拝啓、あなた様

         

        「デジタル写経」という言葉を初めて知りました。

        雑誌「大人の日本語術」の中に書いてあったのです。

         

        かつての作家志望の人たちは、尊敬する文豪の文章を

        書き写すことで文体を学んでいたようです。

        それを、現代風にするならば、パソコンへの打ち込みで、

        「デジタル写経」と言うのだそうです。

         

        あっ、それならできるかも!

        文章を書き写すことで、文章を学ぶという方法は

        興味を持っていたのですが、なかなか続きそうになくて、

        未だ行動に移せていません。

        でも、パソコンでいいのであれば、ハードルが下がります。

         

        この「大人の日本語術 」によれば。

        インプットした知識を自分の中に定着させるためには、

        手や口を動かしながら、自分で発してみてこそ、

        言葉が自分のものになる、とあります。

        そこで、音読やデジタル写経を勧めているのです。

         

        小説を読んでいて、素敵な言葉に出会っても、

        「この小説は言葉に感動した」という記憶は残っても

        具体的に、どういう言葉だったのかを思い出せないでいたりします。

        書き留めておくというのは、大事なのでしょうね。

         

        デジタル写経。

        始めてみたくなりました。

         

                             かしこ

         

         

           

         

        ----------------------------------

          紙飛行機ドットコム

        ----------------------------------

         

         

         

         

        大人の日本語術 

        0

          強い風とコスモス

           

          拝啓、あなた様

           

          買い物に行くのに、自転車に乗りました。

          強い風が吹いていたので、

          帽子は飛んでいきそうになるし、

          スカートはめくれ上がるしで、

          それを防止するのに大忙しでした。

          おまけに、スーパーの駐輪場に止めていた自転車は、

          買い物が終わって戻ってみると、横倒しになっているし。

          ああ・・・。

          気分的に疲れました。

           

          どういう気象条件だったのか、わかりませんが、

          昨日の強い風は、生暖かくて、まるで、台風が

          近づいてきたときのような風でした。

          本格的な夏が来る前に、秋が来たような、変な感じだわ。

          そう思いながら、買い物した商品で重くなった自転車を

          よいしょ、よいしょと、こぎながら、

          相変わらず、帽子とスカートと格闘し、

          単なる近所のスーパーへの買い物だというのに、

          大変な思いをして帰ってきました。

           

          あっ、秋だ!

          自宅近くに、ご近所さんの大きなお庭があるのですが、

          そこに、数週間前から、どういうわけか、この時季に

          秋の花が咲いているのです。

          コスモスです。

           

          もしかして、ホントに今は秋なのかもしれない?

          うふふふ。

          そんなわけないですよね。

          猛暑、酷暑、真夏日を通り越して、

          いきなり秋は来ないですよものねえ。

          今日も暑くなりそうです。

           

                         かしこ

           

           

           

          *今日の写真は、ご近所さんのコスモスではありません

            2016年秋にうめきたガーデンで撮った写真です

           

           

          ----------------------------------

            紙飛行機ドットコム

          ----------------------------------

           

          0

            こんがりトースト

             

            拝啓、あなた様

             

            朝、ベーカリーカフェに寄りました。

            わたしは、コーヒーだけ注文をしたのですが、

            横の席の方は、モーニングセットを頼んでいらっしゃいました。

            トーストに、サラダとヨーグルトがついてくるようです。

             

            チラっと見てしまいました。

            なんとまあ、こんがりと焼けたトーストがおいしそうなこと!

            パリッ! サクッ! ふわっ! もちっ! ジュワッ!

             

            そのお店で、食パンを買ったことがあります。

            多分、モーニングセットのトーストは、その食パンだと思うのですが、

            まるで別物のようでした。

            ということは、これは、トースターが違うのね、

            きっと、そうに違いない、という結論に達しました。

            おいしいトーストのために、高級トースターに買い替える?

            いやはや、そこまではちょっと・・・。

             

            あっ、そう言えば。

            食パンの耳を切ってから焼くとおいしくなる、

            という話を聞いたこともあるわ。

            トースターを買い替える前に、それを試してみようっと。

             

                       かしこ

             

             

             

            ----------------------------------

              紙飛行機ドットコム

            ----------------------------------

             

            0

              平年並みの暑さでも暑い

               

              拝啓、あなた様

               

              「溽暑」

              湿気が多くて蒸し暑いことを「じょくしょ」と言うそうです。

              友達が教えてくれました。

              日本語には、雨に関する言葉も多いけど、暑さもまた、

              いろいろな言葉があるんですねえ。

              ひとつ勉強させてもらいました。

               

              天気予報で「平年並み」という言葉を聞くことがあります。

              この「平年」って、30年間の平均値で、10年ごとに更新する、

              という話を聞いたことがあります。

              温暖化が進んでいるので、「平年並み」と言っても

              平均値がどんどん上がっているわけだから

              いつも通りの気温と言いながらも、並みの暑さではないですよね。

               

              昨日の新聞に載っていたことですが。

              現在の「平年並み」は、1981年〜2010年の平均値だそうです。

              100年で1.2度のペースで上がっているそうで、

              東京なんて1900年以降、3度も上がったのだとか。

              だから、現在の「平年並み」は、昔の「猛暑」に匹敵するって。

               

              道理で、熱中症が増えるわけですよね。

              熱中症は、気温の高さだけでなく、湿度も発症の条件になるそうです。

              体調を崩したという声が、あちこちから聞こえてきます。

              どうぞ、ご無理のないように、ご自愛ください。

               

                               かしこ

               

               

               

              ----------------------------------

                紙飛行機ドットコム

              ----------------------------------

               

              0

                感想文の文字数

                 

                拝啓、あなた様

                 

                「砂漠」の読書感想文を一度書いてみました。

                 

                実際の応募は、原稿用紙をダウンロードして書くようです。

                文字数の制限は、原稿用紙3枚以内というものです。

                 

                まずは、文字数を気にすることなく、

                あまり深くは考えず、思いつくままに、ワードで書いてみて、

                その後、文字数を見ながら、書き足したり、削除したり、

                あれこれ手を入れていきましょ、と考えました。

                 

                ひと通り書き終えてから、設定を「原稿用紙」に変えて

                文字数を確認してみました。

                すると、なんとまあ、原稿用紙3枚に収まっているじゃないですか。

                しかも、残りは1行だけという、ぴったり!に近い文字数。

                 

                わたしって天才?

                なんてことは、まるでない。

                (注:このセリフは「砂漠」で何度も出てきます)

                 

                一度書いてみて、大体の文字数の感覚はつかめました。

                内容はともかく、こういう量なのだということだけは確認できました。

                あとは、内容をもっと煮詰めていかなくてはいけません。

                締め切りは8月3日です。

                 

                                   かしこ

                 

                ----------------------------------

                  紙飛行機ドットコム

                ----------------------------------

                 

                0

                  プラスメッセージを使ってみました

                   

                  拝啓、あなた様

                   

                  ようやく、iPhone でもプラスメッセージが

                  使えるようになりました。

                  さて、さて、どんなものなのでしょう。

                  早速アプリをダウンロードして、

                  オットとやりとりをしてみました。

                   

                  ふむふむ。なるほど。そうですか。

                   

                  この間の地震のとき。

                  揺れが収まってから、しばらくは落ち着きを取り戻せず、

                  どういう行動に移ればよいのか、頭が回りませんでした。

                  我に返ってから、まずは安否確認だ!と気がつき、

                  娘へ電話をかけましたが、つながりません。

                  そっか、緊急事態のときは電話回線は制限されるよね。

                  じゃあ、別の手段を講じなければ!

                  メールだ、LINEだと、あれこれのツールを使って、

                  家族間の安否確認がとれました。

                   

                  それにしても、ああいうときって、文字を打つのは苦痛ですね。

                  落ち着いていないからでしょうけど、正確に文字が打てないのです。

                  急げ、急げと思い「送信」ボタンを押すまで、気持ちが焦ります。

                  また、すぐに返事が来ないことにも不安を覚えます。

                  手軽で、声が聞ける電話の方が、便利で安心と思ってしまいます。

                  緊急時こそ、電話が使えるようになると、ありがたいのですが、

                  そういうわけにもいきませんよね。

                  となると、防災の観点からも、通信手段に慣れておくことは

                  大事ということですね。

                   

                  緊急時に焦ることなく、普段から使い慣れておくこと。

                  とりあえず、iPhone の文字入力から練習します。

                   

                                     かしこ

                   

                   

                  追伸 きのうのブログに書きました、小学館の「10万円分の本」へ

                     無事に応募いたしました。発表は9月です。

                   

                   

                  ----------------------------------

                    紙飛行機ドットコム

                  ----------------------------------

                   

                  0

                    10万円分の本

                     

                    拝啓、あなた様

                     

                    「本好きの夢かなえます」

                    そう言われると、うれしくなります。

                    一体、本好きのどんな夢をかなえてくださるのでしょう。

                     

                    小学館さんのプレゼント企画です。

                    何と、10万円分の本を買いたい放題の権利だそうですよ。

                    詳しくはこちら

                     

                    当選者が、希望の本屋さんを指定して、

                    その本屋さんにある本であれば、どんな本でもOKで、

                    10万円分の本をレジに持っていくと、支払いは

                    小学館さんがしてくれるというのです。

                    その権利に当選するのは1名ですから、

                    当選は厳しいですが、応募しないことには、

                    当選もしませんからね。

                    まずは、応募しなくては!

                     

                    なんせ10万円ですよ。すごいですねえ。

                    仮に2,000円の単行本であれば、50冊。

                    1,000円の文庫本であれば、100冊。

                    もし当選したら、何を買いましょうか。

                    やっぱり、伊坂さんの本が欲しいですねえ。

                    何度も読んで、くたびれてきている本もあるので、

                    ピシっとした新品の本を揃えたいです。

                     

                    あなた様なら、10万円分の本は、どんな本を選びますか。

                     

                                    かしこ

                     

                     

                     

                    ----------------------------------

                      紙飛行機ドットコム

                    ----------------------------------

                     

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 100円ショップのアルバム
                        季ララ
                      • 100円ショップのアルバム
                        奥村です
                      • 100円ショップのアルバム
                        季ララ
                      • 100円ショップのアルバム
                        奥村です
                      • カレンダーが覚えられない
                        季ララ
                      • カレンダーが覚えられない
                        ゆひ
                      • 「あ」の話
                        季ララ
                      • 「あ」の話
                        ゆひ
                      • 「あ」の写真を撮りました
                        季ララ
                      • 「あ」の写真を撮りました
                        ゆひ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *