トマトの夏

 

拝啓、あなた様

 

ピンポーン。

ご近所の奥様です。

お話をうかがうと、室内で飼っていた子猫が逃げ出したとのこと。

その子猫ちゃんが、どうも、うちの敷地内にいる様子なのです。

でも、子猫ちゃんは、自力でおうちへ戻れないようで、

オットが手助けをして、事なきを得ました。

 

しばらくして、またピンポーンです。

先ほどの奥様です。

オットが対応をして、戻ってくると、

両手にたくさんの缶ジュースを抱えています。

 

えっ? どうしたの?

「お礼にと言って、トマトジュースをくれた。高級品らしい。」

 

あらまあ。

せっかくなので、ありがたくいただきましょう。

少し前に、高級なトマトゼリーをいただいたばかりです。

今度は、高級なトマトジュースですか。

今年は、トマトに縁がある夏です。

ありがたい、ありがたい。

夏の味をごちそうさまでした。

 

        かしこ

 

 

 

 

----------------------------------
 紙飛行機ドットコム
----------------------------------

0

    トートバッグの行方

     

    拝啓、あなた様

     

    仕事から帰ってきました。

    玄関で、傘を傘立てに片付けます。

    キッチンで、スーパーで買ってきたものを冷蔵庫に片付けます。

    リビングで、ケイタイを充電器に置きます。

    そこで、ふと気がつきました。

     

    あれ?お弁当箱はどうしたっけ?

    正確には、お弁当箱を入れたトートバックはどこに行った?ですが。

    見当たらないのです。

    玄関、キッチン、リビングと、自分がたどった道を戻ってみるのですが、

    どこにもありません。

    もしかしたら、自転車のカゴに入れたまま?と思って確認しますが

    それでも見つかりません。

     

    さて、はて。

    今度は記憶をたどります。

    会社を出て、本屋さんに寄って、スーパーに寄って、電車に乗って・・・。

    どの時点まで、確実にトートバッグを手にしていたのか、記憶は曖昧です。

    この際、失くしたと思ってあきらめてしまってもいいのですが、

    もし、本屋さんやスーパーや電車の忘れ物コーナーで預かってくれていたら

    いつまでも引き取りにこないモノって、迷惑なことですよね。

    そう考えると、やっぱり問い合わせはしてみた方がいいなと思いました。

     

    怪しいのは、スーパーか電車だなと推理します。

    どっちから先に問い合わせをしてみようかしら。

    名探偵は考えます。うふふふふ。

    よし、スーパーだ!

     

    当たり〜!

    ああ、ごめんなさい。名推理を喜んでいてはいけませんね。

    カートの取っ手に引っ掛けたまま、忘れていたそうです。

    ご迷惑をおかけしました。

    引き取りにうかがいます。

     

                        かしこ

     

     

    ----------------------------------
     紙飛行機ドットコム
    ----------------------------------

    0

      親切なメーカーさんにありがとう

       

      拝啓、あなた様

       

      会社で使っている事務機器の調子が悪くなりました。

      取り扱い説明書を読んでみたり、メーカーに問い合わせてみたりしたところ、

      どうも、ある部品が消耗してしまったみたいで、

      調子を戻すには、部品の交換しかなさそうでした。

      修理代には、おそらく8,000円ぐらいかかるでしょうという話です。

       

      は、はっせん円ですかぁ?

      高いなー。新品を買った方が安かったりしないですかぁ?

      ということで、新品を調べてみると、15,000円ぐらいします。

      安いお店を探しても、12,000円はするようです。

      上司と相談の上、修理に出すことにしました。

       

      メーカーに送ってから数日後、電話がかかってきました。

      「ご相談したいことがあるのですが」と言われます。

      もしかして、高額な修理代になるって話? 

      何でしょうねー。恐々と「何でしょうか?」と聞いてみます。

       

      「実は、〇〇という部品を交換したいのですが、その在庫がないのです」

      わたしが持ち込んだ機種の型番が古いのだそうです。

      だから、部品自体の在庫もなければ、製造予定もないとのこと。

      あらまあ。どうしましょ。

      じゃあ、修理はできないってことですね。新品を買わなきゃダメですね。

      と思っていたら、意外な提案をいただいたのです。

       

      修理ができないので、代わりに新品を送ってくださるるというのですが、

      何と、その値段が修理代相当でよいと言うのです。

      つまり、15,000円の商品を8,000円で売っていただけると。

      うれしい提案をもらいました。

      ありがたいお話です。

      喜んで、その提案を受け入れさせてもらいます!

      こういう親切なメーカーさんがあるのですねえ。

      いきなり新品の購入に走らず、メーカーさんに修理の依頼をしてよかったです。

      ありがとうございます。

       

                       かしこ

       

       

       

      ----------------------------------
       紙飛行機ドットコム
      ----------------------------------

      0

        快適温度と居眠り

         

        拝啓、あなた様

         

        電車に乗ると、冷房がきいていて、ひんやりとします。

        ところが、きのうの朝は、ひんやりどころが、

        ムシっとした空気が漂っていました。

        目の前の窓に「弱冷房」のシールが貼ってあるのが見えます。

        節電?

        冷えすぎを考慮している?

        それとも気のせい?

         

        次の駅に到着すると、大勢の人が乗ってきました。

        余計に車内が暑くなった気がします。

        わたしだけがそう感じている?

        いえいえ、そうでもなさそうです。

         

        ハンカチで汗をぬぐう人の姿も見えます。

        扇子をあおいでいる人もいます。

        ため息をついている人は、暑さのせいでしょうか。

         

        どうも落ち着きません。

        本を読む気にもならないし、タブレットと開く気にもなりません。

        目をつぶっても、暑さに気をとられて、眠ることすらできません。

        息苦しさを感じたわたしは、次の駅で降りました。

        その駅の待合室に行くと、冷房が効いています。

        どうやら、電鉄会社をあげて節電をしているわけではなさそうです。

         

        次にやってきた電車に乗り換えました。

        その電車は、いつもの適度な冷房で、ほっとしました。

        そして、快適な温度だったせいか、

        またいつも通り、居眠りしてしまいました。

        わたしの場合、電車の車内温度の快適さは、

        居眠りができるかどうかで測れるようです。

         

                             かしこ

         

         

         

        ----------------------------------
         紙飛行機ドットコム
        ----------------------------------

         

        0

          傘袋の不思議

           

          拝啓、あなた様

           

          雨の中、傘をさして銀行まで行きました。

          入口付近に、傘袋スタンドがあったので、利用しようと思い、

          ビニールの傘袋を取りました。

          そして、傘を入れようとするのですが・・・あれ?

          傘を入れる入口が見つかりません。

          ん?どういうこと?

          もしかして反対側から入れるの?

          180度回転してみましたが、やっぱり口はふさがっています。

          えーーーっ? どうやって傘を入れるのよーーーー。

           

          銀行の係員さんが寄ってきて声をかけてくれました。

          「これ、わかりにくいんですよ。少しずれているんです。」

          と言いながら、「ここから入れてください」と教えてくれました。

           

          ほー、ほー。なるほど、ここでしたか。

          教えてくれてありがとうございます。

           

          すると、その係員さんは、わたしの後ろにいた男性に向かって、

          また同じことを言っているじゃないですか。

          「これ、わかりにくいんですよ。すみませんねえ。」

          どうやら、わたしと同じように苦戦している男性客がいたようです。

           

          そしてまた、その後ろにいる男性は、

          わたしたちの様子を見て、なるほど、なるほどという顔をして、

          傘袋に傘を入れています。

          きっと、その男性も(どうしたもんだか)と困っていたのでしょう。

           

          この様子だと、あの係員さんは、雨の日は大忙しに違いないです。

          きっと、晴れの日は、ATMの行列に並ぶ人を誘導する仕事を

          していらっしゃるのだと思います。

          でも、雨の日は、それ以外にもう一仕事あるようです。

           

          なんで、もっと単純な傘袋にしないのかしら。

          不思議だわー。

          何か、あの傘袋には、隠されたメリットがあるのでしょうか。

          だとしたら、それを知りたいものです。

           

                          かしこ

           

           

           

          ----------------------------------
           紙飛行機ドットコム
          ----------------------------------

           

          0

            売り切れたハッピーグリーティング切手

             

            拝啓、あなた様

             

            きのうの「62円切手」の続編になります。

            今日は、仕事で郵便局に行きました。

            きのう、わたしが62円切手を購入した郵便局です。

             

            壁に貼ってはるポスターに張り紙がしてありました。

            「完売 売り切れ」

             

            きのうわたしが購入したハッピーグリーティングの切手が

            売り切れたもようです。

            なんとまあ、わたしはいいタイミングで購入できたのでしょう。

            一日遅かったら、買えなかったのですね。

             

            いや、もしかしたら、

            わたしが30枚(3シート)も買ったから売り切れた?

            あははは。まさかね。

            だって、62円切手だけじゃなく、82円も92円完売でしたから。

             

             

                         かしこ

             

             

            *ここの郵便局で売り切れという意味で、

              他の郵便局には在庫があると思われます。

             

             

            ----------------------------------
             紙飛行機ドットコム
            ----------------------------------

             

            0

              62円切手

               

              拝啓、あなた様

               

              今日は、手紙を出すために郵便局へ行きました。

              料金を尋ねると「120円」だと教えてくれます。

              あら、思ったより軽かったのね。

              水色の背景に黄色のヤマブキが描かれた、

              140円の切手を買うつもりでいたのですが、120円ですか。

              ということは、藤が描かれたうす紫色の切手ですね。

               

              うーん、どうでしょ。

              柄も色も好きなのですが、今のこの時季に藤っていうのもねえ。

              気にするほどでもないのでしょうが、

              ちょっと時季がずれた感じは否めないです。

              どうしようかなぁと迷っていたときに、目に入ったのが62円切手です。

               

              そっか、そっか。

              ハガキが52円から62円に値上がりしたから、

              62円切手というものができたのよね。

              6月23日にハッピーグリーティング切手が発売されたばかりです。

              そうだ、そうだ。

              62円切手を2枚貼れば124円。これで行きましょ!

              真珠のような色をしたお菓子の切手です。

              6月の誕生石は真珠ですものね。

              ぴったりの切手を見―つけた!

              よかった、よかった。

               

                             かしこ

               

               

              ちなみに、62円の普通切手の柄は「ソメイヨシノ」です。

               

               

               

              ----------------------------------
               紙飛行機ドットコム
              ----------------------------------

              0

                和の色

                 

                拝啓、あなた様

                 

                色の話になりました。

                和の色の名前は趣があっていいよね。

                そういう想いが一致して、うれしくなりました。

                 

                会社で、書類の行方を尋ねられたとき

                「オレンジのファイルにとじました」と答えると

                「オレンジ?」と不思議そうな顔をされたことがあります。

                わたしにとっては「オレンジ」なのですが

                人によっては「黄色」とか「ベージュ」と表現するファイルです。

                ブルーのファイルは青という人も水色という人もいます。

                ピンクのファイルは、赤という人もいます。

                 

                オレンジまたは黄色、またはベージュを「たまご色」と言い

                ブルーまたは青、または水色を「つゆくさ色」と言い

                ピンクまたは赤を「ばら色」と言えば、どうでしょう。

                なんだかその場の空気が柔らかくなる気がします。

                 

                和の色の名前を知りたい、覚えたいと思うこの頃です。

                 

                            かしこ

                 

                 

                「にっぽんのいろ」様

                 

                ----------------------------------
                 紙飛行機ドットコム
                ----------------------------------

                 

                 

                0

                  便利と重さ

                   

                  拝啓、あなた様

                   

                  駅で、外国の方と思われる女性と目が合いました。

                  (あっ、何か質問される!)

                  直観的にそう感じました。

                  きっと、その女性の目が「教えてください」と訴えていたのでしょう。

                   

                  案の定「すみません」と片言の日本語で話しかけてこられました。

                  どの電車に乗ればよいのか、わからない様子です。

                  そして、どこに行きたいのかを示すために

                  ご自分のスマホを、わたしに見せ、駅の名前を指差すのです。

                  ありがたいことに、それは日本語表示の画面だったので

                  すぐにわかるはずだったのですが・・・・・。

                  困った!

                  字が小さい!

                  はっきり見えない!

                   

                  わたしは、バッグから老眼鏡を取り出しましたよ。

                  その女性が示した駅は、わたしでもわかるような駅だったので、

                  教えて差し上げるのは簡単で、一安心です。

                   

                  最近、こうしてスマホを示して、質問をしている方をよく見かけます。

                  そういえば、わたしも、本屋さんで質問をするときに

                  タブレットを利用するようになりました。

                  「この本を探しているんですけど、ありますか?」と聞くときです。

                  以前は、紙にタイトル、作者、出版社をメモして持っていってたけど、

                  今は、タブレットで、出版社のその本のページを表示させて

                  書店員さんに見てもらっています。

                  その時は、タブレットを操作するために、老眼鏡も必須です。

                   

                  紙きれ一枚のメモがタブレットに変わり、

                  大きな手書き文字が小さなデータ文字に変わったために老眼鏡も持ち歩き、

                  公衆電話用のテレホンカードがケイタイに変わり、

                  便利な世の中になったけど、

                  わたしのバッグの中はモノが増えていくようです。

                  最近、バッグが重いと感じるようになったのは、

                  便利を持ち歩いているからですね。                

                   

                                   かしこ

                   

                   

                   

                  ----------------------------------
                   紙飛行機ドットコム
                  ----------------------------------

                   

                   

                  0

                    違和感とは

                     

                    拝啓、あなた様

                     

                    違和感。

                    例えば、人に対して感じる違和感。

                     

                    嫌いなわけではない。

                    その人が間違ったことを言っているわけでもない。

                    だから、その人を否定したいでもない。

                    その人に、困らされているわけでもない。

                    もちろん、不愉快な思いをさせられているわけでもない。

                     

                    でも、どこか違うと思う。

                    なに?このもやもやは。

                    というのが、違和感。

                    これって、何だか落ち着きませんよね。

                    だって、違和感の理由がわからないんですもの。

                     

                    きのう、友達と、この「違和感」が話題になりました。

                    友達が「違和感を感じる」と言ったとき、

                    「何が違うの?」と、わたしは訊き返しました。

                    わたしには、その違いがピンとこなかったから。

                    でも「ここが違う」と簡単に説明できるものならば、

                    それは違和感以上のものなのでしょうね。

                    じっくりと話を聞かせてもらうことにしました。

                    そうすると、だんだんとみえてきました。

                    どこに違和感を感じているのかが。

                    どこがどう違うのか、説明が難しいのが違和感なのかもしれません。

                     

                    そして、思い出したのです。

                    わたしも似たような違和感を感じたことがあると。

                    もしかしたら、違和感を感じる人には共通点があるのかもしれません。

                    とは言え、そう簡単に結論づけるほどの根拠があるわけでもなく。

                    きのう書いた幽霊の話と同様に、

                    世の中には、科学的に説明できないことがたくさんあるようです。

                     

                                   かしこ

                     

                     

                     

                    ----------------------------------
                     紙飛行機ドットコム
                    ----------------------------------

                     

                     

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 懐かしい写真の出番です
                        季ララ
                      • 懐かしい写真の出番です
                        シャボン玉
                      • 懐かしい写真の出番です
                        季ララ
                      • 懐かしい写真の出番です
                        ゆひ
                      • 暑さと涼しさが混在する時季
                        季ララ
                      • 暑さと涼しさが混在する時季
                        ゆひ
                      • 暑さと涼しさが混在する時季
                        季ララ
                      • 暑さと涼しさが混在する時季
                        ゆひ
                      • お誕生日特典
                        季ララ
                      • お誕生日特典
                        ゆひ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *