明るい未来

 

拝啓、あなた様

 

12月になったので、そろそろ年賀状の準備を始めたいです。

今まで作成した年賀状が、パソコン内に保存されているので

参考までにと、それらを見てみました。

さかのぼって見ていると、まるで、過去日記を読むかのような思いで、

懐かしくなりますねえ。

でも、懐かしがってばかりじゃ、前に進みません。

気持ちを来年に向けなくては!

 

今日、友達からメールが届きました。

女の子のお孫ちゃんが生まれたとのうれしいお知らせメールです。

すでにお名前も決まっていて、可愛いお名前も教えてもらいました。

 

赤ちゃん誕生の知らせは、心が弾みますね。

明るい未来が見えるようです。

 

さあ、わたしも、明るい来年を作りましょう。

 

             かしこ

 

 

 

----------------------------------  

  紙飛行機ドットコム

----------------------------------

 

0

    漢字変換能力

     

    拝啓、あなた様

     

    英語と漢字。

    この年齢になって、死ぬ気で勉強しても、TOEICで高得点を出すのは難しいけど

    漢検なら、もしかしたら1級をとれるかもしれないという気がするよね。

    そんな話を娘にすると、

    「漢字の方が馴染みがあるからなあ」と娘も賛同してくれました。

     

    と言っても、漢字も難しいです。

    読めない漢字、書けない漢字は、たくさんあります。

    そこで、提案。

    いかに早く、漢字変換できるかをはかる能力検定、

    「漢字変換能力検定」というのがあれば、受験してみたいです。

     

    だって、パソコンを使って文書を書くと、

    誤変換することもあるでしょ。

    これからは、漢字を書く能力より、

    読むこと、変換することの能力の方が重要な時代に

    なっていくかもしれないじゃない。

    だから、漢字変換能力も大切かもよ。

     

    例えば、ほら、名前がそうでしょ。

    その名前の読みの通り入力しても、変換できないものってありますよね。

    そうなると、漢字一文字ずつを変換していくことになります。

    その場合、その漢字の読み方とかを知らないとできないでしょ。

    そういう能力をはかる検定ってあれば、おもしろそうだなぁと思ったのです。

     

                     かしこ

     

     

     

    ----------------------------------  

      紙飛行機ドットコム

    ----------------------------------

     

    0

      3歳児の能力

       

      拝啓、あなた様

       

      すごい!と思う幼児に出会いました。

      たぶん、3歳ぐらいだと見受けられる、男の子です。

       

      男の子を連れたお母さん。

      女の子を連れたお母さん。

      仲良し親子の4人が、電車の座席に座って談笑していました。

      たぶん、公園か動物園に出かけるのでしょう。

      男の子が「〇〇の駅で降りるのは初めて」と、うれしそうに言います。

       

      初めて降りる駅なのに、ちゃんと駅名を言えるのはエライなー。

      そういう思いで、その子の声を聞いていました。

      その時、車内放送で「次は△△です」と流れました。

      すると、男の子が「△△の次は××だ」と、駅名を言うのです。

       

      女の子のお母さんが「すごーい!」と褒めると、

      男の子は、うれしくなったのか、

      「その次は・・・、その次は・・・、その次は・・・」

      と、次から次へと駅名を並べ出し、終点まで言ってのけたのです。

      もちろん、すべて正解です。

       

      すごーい!拍手したくなりましたよ。

      その後、男の子は、車掌さんの口調を真似たりもしていました。

      きっと、駅名も、車掌さんの声で覚えたのでしょうね。

      羨望の眼差しを、その男の子に送りました。

      わたしにも、その能力を分けてほしいです。

       

       

                      かしこ

       

       

      ----------------------------------  

        紙飛行機ドットコム

      ----------------------------------

       

      0

        夢見る10億円

         

        拝啓、あなた様

         

        年末ジャンボ宝くじが発売になったようで、

        その広告を見ました。

        10億円!

        すごい金額ですねえ。

        そこまで高額になると、

        絶対に当たるはずがないとさえ思えてきますが。

        でも、当たるといいなと思います。

        そして、もし当たったら・・・と夢を見ます。

         

        そうですねえ。

        例えば、別荘を買うとか?

        世界一周の旅に出るとか?

        宝石を買うとか?

         

        うーん、普段、数百円・数千円単位での

        買い物しかしていない者にとっては、

        ピンとこないです。

        大きな買い物は、身の丈に合っていないので、

        そのお金で、ちょっとぜいたくなごはんを食べて、

        ちょっとぜいたくなおしゃれをして、

        ちょっとぜいたくお出かけをして、

        ちょっとぜいたくなインテリア家具を買って、

        ・・・ちょっと、ちょっとの積み重ねで10億円を使う。

        何に使ったのか、わからないうちに10億円がなくなっている。

        そんな無駄使いのようなお金の使い方ができるのが

        宝くじで当たったお金の使い方かも。

         

        いつも夢見るだけで、購入すらしないんだから

        当たるはずもない宝くじです。

         

         

                        かしこ

         

         

        ----------------------------------

         紙飛行機ドットコム

        ----------------------------------

        0

          2017年 晩秋の万博公園

           

          拝啓、あなた様

           

          万博公園に行ってきました。久しぶりです。

          紅葉・・・まだ間に合うかなぁ。もうオシマイかなぁ。

          お天気も、曇り空だし、どうしようかなぁ。

          きのうから迷っていました。

          でも、今朝になると、森の空気を感じて来ようという気分になったのです。

          たとえ紅葉のピークは過ぎていてもいいよね。

          今年の秋を感じたくて、出かけてきました。

           

          モミジは、緑、黄色、オレンジ、赤、いろいろな表情を見せてくれました。

          季節は進むもの。

          今年の紅葉狩りは晩秋となり、この時季の色を楽しんできました。

           

           

           

           

           

           

           

           

          ちょっぴり、もの寂しい季節です。

          あなた様の晩秋は、どのような色をしているのでしょう。

           

                             かしこ

           

           

           

          ----------------------------------

           紙飛行機ドットコム

          ----------------------------------

           

          0

            あり過ぎる情報に惑わされないように

             

            拝啓、あなた様

             

            ネット上で見た、ある情報の真偽がわかりませんでした。

            「〇〇の場所にある××がひどいことになっている」という情報でした。

            もしそれが本当であるなら、それは腹立たしいことだわ。

            そう思って、友達に「こんな噂があるけど知ってる?」と尋ねました。

            「えーっ?知らなかったけど、もしそうだとしたら、それはダメでしょう」

            そう返事がきました。

             

            数日後、その友達が、その場所に行って確かめてきてくれました。

            「大丈夫。そんなひどいことにはなってなかったよ」

            あー、よかった。

            ネット上には、情報があふれていて、 

            どれを信じてよいのか、わからなくなることがあります。

            ちゃんと自分の目で確かめることが大切ですね。

             

            鳥取砂丘でポケモンGOのイベントがある」という

            ネットのニュースを見たという話になりました。

            わたしは、そのニュースは、見出しだけしか見ておらず 、

            内容までは把握していなかったので、

            どういうことなのか、教えてもらいました。

            ふむふむ。そういうことでしたか。よくわかりました。

             

            詳しく教えてくれたその方は、

            ネットのニュースをよく見ている様子だったので

            さらに、訊いてみました。

            「今話題の、相撲の暴力事件、あれは何がどうなってるの?」

             

            あれねー。 情報がありすぎて。

            何が真実かわかりにくいですよね。

            確実に言えることは、暴力事件があったということだけです。

             

            やっぱり、それ以上のことはわかりませんか。

            深い闇があるのでしょう。

            なかなか真実にたどりつけませんね。

            情報があり過ぎると、真実から遠ざかってしまうのかもしれません。

            気をつけなければ。

             

                           かしこ

             

             

            ----------------------------------

             紙飛行機ドットコム

            ----------------------------------

             

            0

              お祭り気分

               

              拝啓、あなた様

               

              ご無沙汰しておりました。

              気がつけば、秋が深まり、冬支度が始まり、

              コートやブーツの冬の装いの季節になっています。

              まだ、年末というほどではないのかもしれませんが、

              慌ただしさを感じている、この頃です。

               

              今年の後半は、わたしにとって、お祭り続きでした。

              伊坂幸太郎さんが本を出すと、お祭りがやってくるのです。

              うふふふ。

               

              新刊が出ると、本屋さんへ走り、積み上げられた新刊を見て

              わくわく気分が高まり、すぐに購入して読み始めます。

              その後、雑誌や新聞などでインタビュー記事が増えるので

              それをチェックするのも楽しくて。

              ブログやホームページを更新したくなるほど、テンションも上がります。

              すると、その気持ちをお伝えしたくなり、ファンレターを書きたくなります。

              そういう、新刊発売からファンレターまでが、

              わたしにとってのお祭りなのです。

              時間にすると、2〜3週間でしょうか。

               

              2017年の後半は、たくさん出版されました。

              「AX アックス」「ホワイトラビット」

              「アイネクライネナハトムジーク」「砂漠」

              「クリスマスを探偵と」「キャプテンサンダーボルト」

              「小説BOC」「ロングレンジ」

              お祭り続きでした。

               

              きのうは、「キャプテンサンダーボルト」のサイン本を購入することができて、

              またまた、気分が盛り上がり、うれしい一日となりました。

              本屋さんで、サイン本を購入した後、ファンレターをポストに投函してきました。

              お祭りも、ひと段落です。

               

              あなた様の今年は、どんなお祭りがあったのでしょうか。

              気分が高揚するできごと、楽しいこと、うれしいこと。

              きっとたくさんあったことと思います。

              ハッピー気分で、一年を締めくくれますように。

               

                                  かしこ

               

               

              ----------------------------------

               紙飛行機ドットコム

              ----------------------------------

              0

                数字のマジック

                 

                拝啓、あなた様

                 

                「ホームページのアクセス数が、この日は40もありました」

                と言うのを聞いて、普段はどれくらいなのかを尋ねました。

                すると、普段はほとんどアクセスがなく、

                「いつもは、アクセス数は2ぐらいです」とおっしゃるのです。

                「えっ!じゃあ、20倍ものアクセス数があったんですね!」

                「あはははは。それじゃあ、誇大広告と同じですよ」と笑われました。

                 

                でも、普段アクセスが2のところ、40もあったのなら、20倍ですよね?

                 

                確かに、数字に間違いはないけれど、

                「アクセス数が38伸びた」というのも、数字的には間違いがないでしょ。

                20倍なんて言うと、もうすごいアクセスが増えたように聞こえるけど

                基の数字が小さいのだから、その言い方は、誤解を与える。

                誇大広告の手法というか、数字のマジックですよ。

                 

                ああ、なるほど。

                確かに、どちらの言い方も間違いではないけれど、

                聞こえの印象には差がありますよね。

                 

                その後、その方は、なぜアクセス数が、その日だけ伸びたのかを分析され、

                たぶんこうなんだろうという話を聞かせてくれました。

                そりゃ、ある日突然、その日だけ20倍も増えたのなら、

                「なぜ?」「どうして?」「何があった?」と考えたくなりますよね。

                ふむふむ。そういう理由ですか。

                ホームページのアクセス数で、いろいろなことが見えてくるものなのですね。

                 

                今日も、このブログを読んでいただき、ありがとうございます。

                ご訪問に感謝しています。

                 

                                     かしこ           

                 

                 

                ----------------------------------

                 紙飛行機ドットコム

                ----------------------------------

                0

                  冬支度

                   

                  拝啓、あなた様

                   

                  阿部和重さんと伊坂幸太郎さんの合作による小説

                  「キャプテンサンダーボルト」の文庫本を読みました。

                  この小説の中には、

                  「村上病」という感染症のウイルスと、その「予防接種」の話が出てきます。

                   

                  ウイルスとか、予防接種という言葉が出てくるたびに、

                  現実のインフルエンザの予防接種が、気になります。

                   

                  駅前の内科医院に「インフルエンザ予防接種の予約を受付けます」という

                  貼紙がしてあるので、電話で問い合わせしてみました。

                  すると、確かに予約を受付けてくださっているのですが、

                  今、予約をしても、接種はずいぶんと先のことになりそうでした。

                  「少し考えます」と言って、一旦、電話を切りました。

                   

                  うーん、どうしよう。

                  以前に、勤務先の近くにある耳鼻咽喉科医院で、

                  インフルエンザ予防接種をしたことを思い出し、

                  今度は、そちらに問い合わせをしてみました。

                  そちらの医院では、予約は受付けておらず、直接来てくださいとのことでした。

                  「今日の夕方、うかがってもいいですか?」

                  「はい、どうぞ」

                  ということだったので、仕事帰りに寄ってきました。

                  無事に、接種終了です。

                   

                  これで、冬支度のひと仕事を終えました。

                   

                                 かしこ

                   

                   

                   

                  ----------------------------------

                   紙飛行機ドットコム

                  ----------------------------------

                  0

                    インフルエンザが流行しませんように

                     

                    拝啓、あなた様

                     

                    インフルエンザの予防接種を受けたくて、

                    きのう、近所の内科医院に予約をとりに行きました。

                    毎年、ここの医院で予防接種を受けています。

                    おかげ様で、病気などで、ここの先生にお世話になることもなく、

                    年に一度のお付き合いです。

                     

                    「インフルエンザ予防接種の予約を受付けています」

                     

                    たいてい、この時期になると、このような貼紙を見かけるのですが

                    きのうは、見当たりませんでした。

                    あれ、まだ受付けていないのかな?と、多少の不安をかかえながら

                    受付係の方におたずねました。

                    すると、12月から受付だということだったので

                    あら、今年は遅いのねと思っていたら、

                    そう単純なことではありませんでした。

                     

                    その内科医院に、日頃から通っていらっしゃる患者さんが優先なのだそうです。

                    優先された患者さんたちの接種が終わって、もし、ワクチンが余ったら、

                    それ以外の人の予約を受け付けるということです。

                     

                    そっかー。

                    確か、ニュースでも言っていましたよね。

                    今年はワクチンが不足しているって。

                     

                    その後、ご近所さん情報を聞きました。

                    わたしが行った内科医院だけでなく、

                    この辺のあちこちの医院で、予約ができないと言われたということです。

                     

                    さて、どうしましょうかねえ。

                    とりあえず、インフルエンザが流行しないことを祈りましょう。

                     

                                 かしこ

                     

                     

                    ----------------------------------

                     紙飛行機ドットコム

                    ----------------------------------

                    0


                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << January 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • ケイタイとスマホとアイフォーン
                        季ララ
                      • ケイタイとスマホとアイフォーン
                        ゆひ
                      • スマホ学習
                        季ララ
                      • 今年のお年玉切手シートは可愛い
                        季ララ
                      • スマホ学習
                        ゆひ
                      • 今年のお年玉切手シートは可愛い
                        ゆひ
                      • 慣れるしかない
                        季ララ
                      • 慣れるしかない
                        ゆひ
                      • 冬の水分補給
                        季ララ
                      • 冬の水分補給
                        ゆひ

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      みんなのブログポータル JUGEM

                      使用素材のHP

                      Night on the Planet フリー素材*ヒバナ *  *